FC2ブログ
雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
01 | 2020/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

「行列」は、当たり前の習慣です
雑学・・・話のネタ
982話・・・「行列」は当たり前の習慣です

日本人が観光旅行や仕事で海外行かれて、観光地や街の中を見てみると
行列の文化がない事に気付かれる事でしょう
行列してるところがないわけではないですが、鉄柵を使って列を維持させたりしている

バス停や駅のホームなど人々がごちゃごちゃの塊状態
日本のように、乗り物が停止線にピタリと止まる分けでないから
扉が開けば、降りる人など構っていない、我先に乗り込まないと乗り遅れてしまう
降りる人、乗り込む人の間で争いが起きる、割り込みなんて当たり前
そんな世界に長い事いた私には改めて日本人の秩序ある行動に改めて凄さを感じています
日本の行列は国(社会)が行列を作りやすいような環境を提供している事にあると思います

駅、エスカレーター、トイレ、飲食店などいたる場所で人々は普通に行列を作る
観光スポットや展示会などでは見学順路が記載されている立て札とか
矢印が書かれた「順路」の看板が至る場所に置かれている
そうすることで時間を節約、事故の発生を低減しているのだ
最近ではコンビニでも列やレジへの誘導矢印が床面に書かれている店が増えました
長蛇の列ができた時には、係員が「最後尾」とのプラカードを掲げながら列を誘導する
  
s-DSCN8566_20200218175438cad.jpg  s-DSCN0808_20200218175439b8b.jpg

以前当該国で頑張った現地優秀社員のご褒美に日本研修でやって来た時、彼らの驚きの一つに
電車に乗る時、日本人は列を作って、降りる人が降りてから自分が乗るということも素晴らしい
私の国には行列という文化はほとんどないため、素晴らしい文化だと言っていたけど・・・
日本人にとっては当たり前の普通の事、一番効率の良い方法
誰もが、こどもの頃いから身に付いている、ただの習慣だと言った事を思い出しました!!!

日常的になった「割り勘」
雑学・・・話のネタ
981話・・・日常的になった「割り勘」

海外に出る前の若い頃、上司や先輩とよく飲み出掛けた
この時、聞かされる話でくだらない事も有ったけどその後大いに
役に立った事の方が多かった様に今思います
そして、お会計は上司か先輩が持ってくれた、その分気兼ねなしでお付き合いが出来ました
その影響で、海外で現地社員との飲食も当然の様に私が支払っていました

接待でなく、発注元や下請け会社のお偉方と飲食の機会がある時は私に決しては支払いをさせなかった
二次会に行った時、お返しとして、私が支払いをさせて頂いた

親しくなったお偉いさんが興味ある話をしてくれた
アジア諸国の大部分、大抵は目上の人が代表して支払います
友人同士で食事をした場合は、一軒目はAさん、二軒目はBさんが払うといった具合に
店ごとで分けて誰かが支払うという考えが徹底しています
グループが男女混合の場合、男性がすべて支払いを済ませます、仮に男性が支払いを拒み
「割り勘」にしようものなら、仲間外れになり今後相手にされません
恋人同士ならば、その日に「別れ」が待っているとか!

何故?この様な思い出話を書いたかというと・・・
私と同世代の飲み会や会合でも「会費制」「割り勘」
日本では「割り勘」は日常的なものになったと思ったからです
女性でも男性でも友人におごったり、おごるのは嫌だといってました
時代が変わり、全て「割り勘」が日常的になったのは歓迎ですが
酒の席で「年上」の能書きや説教だけは現在も変わっていないように感じるのですが・・・

パラサイト 半地下の家族
雑学・・・話のネタ
980話・・・ パラサイト 半地下の家族

韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞
最多4部門を制するという、歴史的快挙を達成

海外での仕事では、契約書、交渉役として海外出身の契約社員がいますが
工事に入ると現地会社に従事している韓国人も雇いあげる事も多々ありました
韓国製の通信材料や機器類のセールスに韓国人がよく事務所に来る事もありますから・・・
工事では韓国人の真面目な努力は驚くほどで要領を身に付けたら、いつかは日本を追い越してしまうだろうと
日本人同士で話題になった事もしばしばありました
従って、日本人の仕事仲間の間では、韓国人に対して好意的な見方をしていたんです
その中の日本人一人が現在話題の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」を見て来たそうで感想を聞きました
「パラサイト」「寄生虫、居候、親元で経済的に依存して生活している未婚者」の事を言いますが
発展途上国ではこの様な家庭状況は当たり前の様にみてきたので不思議では有りません

「パラサイト」は韓国の「半地下」に住む貧しい一家が、ITビジネスで大成功している
富裕層の家に入り込み、仕事を得ていく話です
富裕層と半地下の家に住む貧困層の格差について、巧みに描いている
「格差」をテーマにした作品であることは誰にでもわかる内容だそうです

映画を見た彼が言うには・・・一緒に働いていた韓国人はこの事実(半地下住宅や貧困者)は
当然知っていたはずなのに、韓国は先進国の一端として、自国の快適生活や
素晴らしさばかりを聞かされていた友人には、信じられないシーンが沢山出て来たそうです

キム一家が暮らす「半地下住宅」は、日当たりが悪く、窓を開ければ、道行く人の膝下が見える
決して快適には思えない住宅だが、これは作品上のフィクションではなく
韓国では低所得者の住宅としては一般的で貧乏の象徴なんです
 (私も「半地下住宅」は知りませんでしたが、調べて見ると、事実であることが分かりました)

世界中何処にでもある、富裕層と貧困層の格差をテーマにした事が・・・勝算
「パラサイトがアカデミー賞作品か?と彼は疑問を呈していましたが

作品の評価は千差万別ですから!!!
私も鑑賞に行って見ようかなァ~と思っています・・・

バスの「ストライキ」
雑学・・・話のネタ
979話・・・ バスの「ストライキ」

フィリピンに駐在中、契約内容確認、相手側と交渉役として
我が社の契約社員だったオーストラリア人(シドニー在住)が
オーストラリアでの喫煙状況とか、タバコの種類などの話をしてくれましたが
  (972話、オーストラリアは、世界一、喫煙者に・・・参照してください)

もう一つ、やや得意げに言った話題を紹介します
オーストラリアの市バスが実行した「ストライキ」は、市バスの運行を止めず
「乗客から運賃を徴収しない」要するに只で乗車できるそうだ

「ストライキ」あれば乗客は喜び、経営者のダメージは大きい
上手いやり方だと感心したんですが、度々やると経営悪化に繋がり
バス会社で働く人達も職を失うことにもなりかねない

日本でもこの様な「ストライキ」有るのだろうかと思い、調べて見ました
岡山県のバス会社(両備グループ)の労働組合が「運賃を受け取らない」として
バスの運賃を無料にする「集改札スト」を実施したそうです

昨日の978話で「バレンタインデー」も国が変れば!の中で書きました
この日、プレゼントとして避けなければいけないものが有るんです
「ハンカチ」「ガラス製品」「ブローチ」「香水」・・・ここで問題です何故?でしょうか??
その答えがこちです・・・
  「ハンカチ」・・・・・悲しいことがおきます、という意味で相手に伝わってしまいます
  「ガラス製品」・・・割れてしまったら終わりです
  「ブローチ」・・・・・針が痛みを与えると信じられています
  強調文「香水」・・・・・・・・香りが消えるとともに恋も終わり

やたらと、こじつけがましいですが、恋にまつわる事として信じられています
迷信など、頑なに信じる国民性が良く出ています!!!


「バレンタインデー」も国が変れば!
雑学・・・話のネタ
978話・・・「バレンタインデー」も国が変れば!

私など、バレンタインデーなんぞには縁もゆかりも有りませんでしたが
この時期になると、必ず思い出す事があるんです
フィリピンに駐在中、日本の本社から一人の若手社員が研修を兼ねて赴任してきました
現地女性社員が色めき立つ程の整った顔立ちのいい男でした

バレンタインデーの前日、彼が得意そうに、日本でのモテモテぶりを自慢し始めた
毎年チョコレートを女性達から頂くのだそうだ、それは凄い、羨ましいと、私が言うと
彼はフィリピンでのバレンタインデーが楽しみですと・・・私、思わず笑いだそうになるのを堪えて

バレンタインと言えば、チョコレートを添えて女性が男性へ想いを伝える日ですが
その習慣は日本特有の事でして・・・
フィリピンでは女性は告白を待つことが一般的なので、男性からのアプローチが常識なのです
男性がバラの花束を贈り、女性はお姫様気分に浸ります
楽しみにしている彼の顔見ていると、この大切な事を言いそびれてしまったのです

バレンタインデーの当日、手ぶらの彼、肩を落としてましたが
私から見ると、このいい男からのアプローチを待っていた現地女性社員の方が
可哀そうで、気になった次第でした

タイのバレンタインデーは、一番入籍するカップルが多いと言われています
タイではバラやぬいぐるみ等のプレゼント、この日、プレゼントとして避けなければいけないものが有るんです
「ハンカチ」「ガラス製品」「ブローチ」「香水」・・・ここで問題です何故?でしょうか??

アフリカでは、人によって様々でしたが、ケニア、ガーナ、ウガンダでは
バレンタインデーのプレゼントは、靴や洋服やディナーなどが定番でした
お馴染みガーナチョコレート、因みに、ガーナはチョコレートの国ではありませんから

世界では、女性から渡すこともありますが、男性から女性にプレゼントを渡すことが多いようです
それと「ホワイトデー」は日本以外で聞いた事が有りません!!!



プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!