雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タイのお酒
雑学・・・話のネタ
437話 ・・・ タイのお酒

タイに駐在中、東北地方、コンケーン出身の現地社員
その弟が出家するとのこと
儀式に立ち会う為、コンケーンまで、出掛けた

当然、頭はつるつるてん・・・は分かるけど、眉毛まで剃り込むので、
怖い顔

出家前日、最後の無礼講、ご近所、親戚、友人達が集まる
そこで、ご馳走になった地酒の味に驚いた
まるで、日本の「泡盛」にそっくり
名前を「ラオカーオ」と呼ぶのだそうだ
カーオと言う単語が入っているんで、コメが原料であることが分かる
出家の日、ピックアップの荷台に乗り
村中を廻る

バンコクに戻り、物知りの商社マンに、「ラオカーオ」について、いろいろ聞いてみた

主原料の米、明治時代から沖縄の米だけでなく、外国産の米が使われるようになっていたそうだ
ベトナムやミャンマー、台湾など、アジア各地の米が輸入されいた
タイ米は大正の末期に輸入され始め、昭和の代に泡盛の原料として定着したそうです。
「泡盛」に、味、匂いが似ているわけだ
こんな、タイの東北地方の、ど田舎、で日本の味に出会うとは・・・

何故? タイ米?
米がさらさらしていて、米麹にしたときに作業がしやすい
発酵させるときの温度管理がしやすい
他の米に比べ、アルコールの収穫量が多い
このような背景から、タイ米は昭和初期以降、現在でも泡盛を造るのに最適な米として、全酒造所で使われるようになった
「泡盛」のオリジナリティーあふれる味わいの元は、タイ米だった

泡盛には賞味期限がない・・・知ってましたか?
貯蔵期間の長いものほど香味豊かで、まろやかになる
「ラオカーオ」も同じ、タイ通ならだれもが知ってる、コメ原料の「メコン・ウイスキー」
「泡盛」同様、くラベルの日付は瓶詰された日
「メコン・ウイスキー」10年を過ぎる頃になると、着色された色が飛んで、どんどん透明になっていく

数年前、結婚式呼ばれて、タイへ
50年もの「メコン・ウイスキー」をご馳走になった
独特の匂いも薄らいで、まろやかで、美味しかった

「泡盛」は置いておくほどおいしくなるということなので
家の中、探してみたら ・・・以外と貰い物・・・あるかも





路上駐車じゃなくて歩道駐車?
雑学・・・話のネタ

389話・・・路上駐車じゃなくて歩道駐車

タイのバンコック
町の中心街からそれほど遠くない
スクムビット通り

路上駐車でなく、何と歩道駐車
交通違反なんて、賄賂で解決しちゃう
ポリスの懐も膨らむし

さすが、何でも有りのタイランド
日本じゃありえない!!!
なんて、タイ人に説教したっけ・・・

resize0241_20100703162711.jpg

いやー
失礼しました
日本でも有りえました
タイ人の友人には内緒にしとこうっと!!
resize0240_20100703162740.jpg

こういう非常識な事する車って
何故か?
高級車なのね



テーマ:◇つぶやき◇ - ジャンル:ライフ

日本食ブーム
雑学・・・話のネタ

364話・・・日本食ブーム

海外旅行であり仕事であれ

長期滞在していると
日本食が食べたくなる

海外の主要都市ならば
日本人料理人が直接料理を出す
本格的な日本料理店が必ずあるので、心強い

その反面日本食ブームに便乗した???が付くほど首をかしげたくなる料理もあるので困ったものだ

その多くの経営者は韓国系と中国系
特に中国には世界に冠たる中華料理があるのに・・・

ここはバンコック
世界広しといえ、外国人にとって、食の問題がもっとも少ない国だと思う

庶民クラスからセレブに至るまで気楽に世界中の料理が楽しめる
大型ショッピングモールの中には必ずある、食堂街
ここでも様々な料理が目白押し

???のタイ風日本料理がしっかりと現地に溶け込んでいる
あえて、洒落と話題作りにトライしてみるのもおもしろい

回転寿司屋
寿司と一緒に、しゃぶしゃぶの具も流れてくる
「しゃぶしゃぶ」じゃなくて
「じゃぶじゃぶ」としっかり煮込んでから食べましょう
resize0198.jpg

結構いけますよ!
ラーメンの文字、縦書きと横書き
ごちゃまぜが初々しい

resize0197_20090331081518.jpg

タイスキ
タイに旅行された方なら一度は口にしたでしょう
れっきとしたタイ料理
なのに
何故か?
「タイのすき焼き」
と呼ばれているんです
この鍋の凄いところは「陸海空」の具材を一緒にぶち込んじゃう
ピリ辛のタレにつけて・・・おいしいです
ところでこの「おいしい」
今では、タイ語の一部になっています
いや?世界標準かも・・・


TAISUKI-1.jpg

オマケです
バンコック市内を走る
高架鉄道の駅構内にある
「売店」
日本への思いれでしょうか・・・

resize0200.jpg

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

タイ人・金持ちのプライド?
雑学・・・話のネタ

356話・・・タイ人・金持ちのプライド?

現在、発展途上国と言われてる国々
昔は後進国と呼ばれていた

後進国という言葉は差別用語だと
いつの間にか、発展途上国と言われるようになった
貧しい国と思われるが(平均すれば貧しい国だけど・・・)
金持ちはとてつもなく金持ちで、われわれの想像をはるかに超える

日常の生活でも
既存のものが、少ない或いは無いので
最新のものが次々と入ってくる
そして、金持ちは、それらを競って買い漁る

車もその一つ
ここは
タイの
バンコック
一般的には日本車が中心だけど
富裕層ご用達は外車

resize0194_20090313163711.jpg
ハンドルに注意、右ハンドル、これがタイ・ベンツ

しばらくの間は
ベンツがトップだったが・・・
最近
BMW
がその座を奪回した
その理由は・・・

ベンツの工場がタイに進出し、生産を開始し供給を始めた為
国産ベンツ(地元ではタイ・ベンツと呼ばれている)になってしまったから

resize0196_20090313163637.jpg
バンコックNo.1の高層ホテル
ここの壁面に広告を張れるのが一流企業の証
BMWの広告が誇らしげ


外車はあくまでも輸入品であって価値があると
タイ人は考えている
変なプライドだと思うけどこれがタイ人の一面なのだ

resize0195_20090313163738.jpg

もちろん
「レクサス」
も見かけます
お金持ちの方々
「レクサス」クラスは
2台目の車として買うのだそうだ
やれやれ
羨ましいことだ

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

タイ国のそば
雑学・・・話のネタ

350話・・・タイ国のそば

前回、前々回と話題になりそうな「蕎麦屋」を紹介しましたが・・・
今回は海外、タイ国のお話

バンコックの市内中がファーストフード店だらけ
と、言っても過言ではないくらい
いとも簡単に食事が出来て
持ち帰りもできる店や屋台が沢山ある
ちょっと、小腹が空いたときなど、便利この上ない

その代表格が「そば屋」
日本で言う「ラーメン屋」
このタイラーメン、旅行で出かけられた方なら一度は口にしたと思いますが・・・

タイに長期滞在、或いは生活してみないと
中々発見できない、味会うことのできない「ソバ」がこちら

牛の血をスープに加えた独特の風味があり一度食べたら病みつきになりますから
ソバの量は日本ラーメンの半分弱
通常2~3杯ほどいけますよ(一杯80円前後)
現地の若い人は空いたどんぶりを横に重ね置いては満足顔
私の最高は6杯でした

resize0187.jpg

郊外に出ると
まだまだ運河が多い
その運河沿いに生活する人目当てに商売する「船ソバ」

これまた美味しい

resize0188.jpg

食器洗い等の水はどうする???
そんな野暮なことは聞かないこと
舟の周囲は水だらけですから




テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ



プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!