雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・カップ
雑学・・・話のネタ

390話・・・ サッカーの思い出

ガーナに駐在中
ガーナ対ナイジェリアの国際試合
我々の仕事先のボスが
この試合を見せるため貴賓席に招待してくれた

ここがナショナルスタジアム?
芝は禿、でこぼこで・・・
しかし、選手はまるで気にしない
両国の強さの秘密がここにあり・・・か

スピードと迫力
立派なグランドでプレーしたら、凄いことになると思った
それにまして
観客の賑やかさ
声を張り上げるだけでなく
ダンスも混じるから
スタンドが揺れること揺れること
観衆の殆どは肌の黒い方々・・・
スタンド中に干してある、白いシャツだけが
風になびくように、上下左右に動いているように見えてきて
実に奇妙な光景に映った

試合が終わると同時に、観衆がピッチになだれこむ
これって、どこでも見られる光景だけど・・・
驚いたことには、突然
ドーベルマンをつれた警官が入ってきて
そのドーベルマンを一斉に放すわけ・・・そして追いまわし
グランドに入り込んだ観衆を追い払う
逃げ惑う観衆、追いかけるドーベルマン

またこれもまた迫力があって楽しかった

主審が挨拶にやってきた
私を日本人と見たのか
ホイッスルを自慢そうに見せてくれた
日本製だそうだ・・・




スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

野口英世 in GHANA
雑学・・・海外ネタ

173話・・・野口英世

resize0076.jpg30年ほど前になるだろうか
猪苗代にある「野口英世」生誕の家を見学に行ったことがある

1歳の時、左手に大火傷を負った暖炉や火傷を冷やしたと言われる井戸が保存されている
その後の活躍は誰でもご存知、今1000円札の肖像にもなっている偉人の一人である

ここはガーナの首都アクラに黄熱病の研究所を創設
しかし、その研究課題であった黄熱病によって死亡してしまう

生誕の地、日本と亡くなった地ガーナ(1876~1928)
両地を訪れることが出来、光栄に感じる


resize0077.jpg地元では、野口英世を知らない人は居ない
親日家の多いガーナの人々、野口英世の功績は大きい

周囲は綺麗に清掃され大事にされている銅像を見ると日本人として誇りに思う



resize0079_20080203144928.jpg 長期滞在者には、通称イエローカードと呼ばれている

「黄熱の予防接種に関する国際証明書」

が必要になる
その他、コレラ、肝炎に関する予防接種証明書も任意提出である

結構、覚悟を決めて出掛けたものです


resize0078.jpg余ってしまうとドルに換金出来ず困ってしまったお金の一つ

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

ガーナ料理
雑学・・・海外ネタ

116話・・・ガーナ料理

アフリカでの仕事は楽しかった
先進国の技術を持ち込む事が悪い事なのではないか・・・
と思えるほど、大地は自然が溢れ、人々は素朴で人情味に溢れていた
ガーナの料理には、世界に発信出来るほどの名物料理はないけど、一般の人々が主食として食する料理を紹介します
その中の一つ

「フーフー」 (料理名)

プランティーン(食用の青バナナ、煮るか焼くかしないと食べれない)と
キャッサバー(芋の一種)を臼で突き、餅状にしたもの(左のナベ)
シトー(玉ねぎ、トマト、小エビ、魚、と香辛料を加えて煮込んだスープ)につけ、手で食べます(右のナベ)

慣れとは凄い物で、これを毎日1年もの間食べ(飲み込んだ)続けた
何故って、地方に出るとこれしかないんですから・・・
現地人に聞くと、このスープの味が決めてで、それぞれがお袋の味なんだそうだ

resize0048.jpg


resize0046.jpgプランティーンとキャッサバを入れて臼の中で突いているところ

天性のリズム感というか、外で流れる音楽に合わせ、体をゆすり、歌い、踊る・・・料理も芸術だ
飛び散る汗やほこりが臼の中に飛び込んでも

この際気にしないでいようっと・・・>


resize0047.jpg現地スタッフと調査に出かける
アジアの国々のように屋台がそうそうあるものではない
お腹が空くと持参したピーナッツを食べ水をがぶ飲みして腹を満たす
たまにプランティーンを揚げたり、焼いたりして売っている屋台?に出くわす
これは、自然の甘みがあって、本当に美味しい

後で、胸焼けとオナラには悩まされるけど・・・


テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ

流しの床屋さん
雑学・・・海外ネタ

105話・・・流しの床屋さん in ガーナ

2007-09-09-1608-32_-1edited0003.jpg 流しの床屋さん
住宅街には、いろいろな物売りが来ますが、これは、”床屋さん”変わったところでは”マニュキア塗り”とか”爪切り屋”
”爪切り屋”さん、爪を切り、指をマッサージし爪をピカピカにしてく れます、これ、意外なほど気持ちがいい

床屋さんの右手に注目・・・刷毛のように見えますが、これは”櫛”これで縮れた髪の毛を持ち上げ刈り上げたり、ふっくらと仕上げるのに使います

私も刈って欲しいと言ったら、真っ直ぐな髪を切った経験が無いと言われて断られました



2007-09-09-1559-32_edited00010019.jpg 憧れのストレートヘアー
彼女達にとって、真っ直で長く、風になびく髪は憧れ
髪が伸びる毎に、束ねては糸で巻きつけ、一定の長さまで繰り返します
糸を解くと髪が真っ直ぐになっていて、スプレーで整えます

私的には、ふっくらとしたアフロヘアーが大好きなんですけど・・・
 

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

ストリートパフォーマンス
雑学・・・海外ネタ

95話・・・ストリートパフォーマンス

物乞いで生活している子供たちが多い中、自分たちで作った手製の楽器で歌い、踊るパフォーマンスを見せて、自力で稼ぐ兄弟
偉い!!

軽快な動きとリズム感、天性なものとはいえ、素晴らしい
我が家で時折行うパーティに呼んでみる、専門のミュージシャンより、よっぽど、お客様にうけていた!
”ジャクソン5”(マイケル・ジャクソン)も最初はこうだったのか・・・も知れない?

2007-09-15-1402-28_edited0005.jpg


ガーナの首都アクラ
まだ写真は「魂を持っていかれる」とかを信じている高齢者が多く、人ごみのなかでのアップは難しい

2007-09-15-1356-16_edited0006.jpg


テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行



プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。