雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
10 | 2007/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス
雑学・・・海外ネタ

139話・・・クリスマスの時期その4

我々、外国人が住むコンドミニアム
この時期になると、入り口前のガードマンや中で働く人々が
朝出る時、帰宅の時
普段見せない取っておきの笑顔で挨拶される

こんな時、毎年の事とは言え「そろそろかな」と嫌な気配を感じるのだ
帰宅時、受け取り物がない限り、普段は軽い会釈で通り過ぎるフロントの前
笑顔と共に、事務職員、警備員、保守修理班、清掃員、と書かれた空の白い封筒を渡される
クリスマスの寄付のお願いなのだ

金額は書いていないが、人数はしっかりと書かれている
って事は、だいたいの請求金額が明示されているのと同じじゃん!

軽く100名は超える
30階建のツインビルとは言え、快適な生活を送る為に、これだけの人々が働いているんだって改めて感心したりする
お礼も含め、(ケチると後が怖いとか・・・)何がしの金額を封筒に納めフロントに手渡す

で、これだけで済めばいいが
時折、ドアの下に封筒が差し込まれている
ミニスーパー・クリーニング・貸しビデオ屋など、コンドミニアム内の商店で働く従業員

まだまだ、あるぞ
行き付けのの食堂、飲み屋、ゴルフのキャディー
いやー、キリがない

早い話がクリスマスの名を借りたタカリだと思うのですが
異国の地、フィリピンで、楽しく、安全に働く者の定めと割り切るのであります
に、してもかなりの出費です





スポンサーサイト

テーマ:クリスマス - ジャンル:ライフ

クリスマス
雑学・・・海外ネタ

138話・・・クリスマスの時期 その3


デパートとかホテル
人の出入りが絶えない、目立つ場所には、クリスマス・ツリーが置かれている

各会社も例外ではない
そのツリーの周囲には、クリスマスカードと共に素敵な包装紙に包まれた箱が山と積まれている
これは、訪ねてくる人達にこれだけのプレゼントがありましたとの誇大宣伝の様なもので!
よく盗られられないものだと関心するが・・・実は空っぽの箱だけ、知っている人は知っている

実行委員が特に力を入れるのが、ショータイムを盛り上げる、芸能人を選定する事と
パーティーの最中、数回に分けて行う「くじ引き」タイムの景品集めに奔走する事だ


この「くじ引き」タイムの盛り上がり方は尋常でない
テレビ、ラジカセ、冷蔵庫、洗濯機、扇風機などなど、何かしらが全員に行き渡る様、掻き集める
取引のある協力会社とか下請け会社、半ば脅しで提供させたりする
そして倉庫には、クリスマスまでの間大切に保管される

余談ですが
パーティーが終る頃、会場の裏手には、数台の小型トラックが横付けされる
地方から働きに来ている作業員
独身者、狭いアパートやゲストハウスに住んでいる社員のために?
当たった豪華景品を買い取ってくれる業者だ

このしたたかさ・・・なんと言ったらいいものか?




テーマ:クリスマス - ジャンル:ライフ

クリスマス
雑学・・・海外ネタ


137話・・・クリスマスの時期 その2

会社から全社員へのクリスマスプレゼント

まず、実行委員のメンバー
会社側に「一人当たり幾らの予算」までOKなのか交渉にやってくる
500ペソ~1000ペソの間、両者、50ペソ単位の攻めぎ合い
招待客も含めると300人を超す
会社にとっても大きな負担であるが・・・クリスマスは避けて通れない
予算が決まると、社員にアンケートを求める
ロゴ入りTシャツとハムは恒例なので、その他3品を決める

さて、ここからが、実行委員会の役得がはじまるのだ
プレゼント品の全てに業者を呼んでは、口頭入札を行うのだ
口頭入札って何だ?
同業者を個別に呼んで価格交渉に入る
価格交渉と言えば聞こへが言いけど
品物そのものはどれも大差はない
早い話が、バックマージン“どんだけー”くれるのうって言う駆け引き

そこそこ、懐が膨らんだ実行委員のメンバー
全て独り占めなんてすると
噂が噂を呼んで
パーティーの終了間際に特別なショータイムが
会場の片隅で派手に演じられる事になる

さて・・・今年はどうなるだろう



テーマ:クリスマス - ジャンル:ライフ

クリスマス
雑学・・・海外ネタ

136話・・・クリスマスの時期、その1

海外での、クリスマス
その中でとにかく、強烈な印象が残る、フィリピンのクリスマスについて・・・

フィリピン人が一番大切にしている一大行事は?と言うと
それは、クリスマス
フィリピンでは
カレンダーの月の綴りが“BER”で終わる月からスタートする
9月はSEPTEMBERだからなんと3ケ月前

会社の業績が悪かろうが何であろうが、クリスマスパーティーだけは絶対実施しなければ
社員全体のおさまりがつかない、暴動すら起こりかねないのだ

11月の末ともなると、早くもクリスマスの準備?が始まる
この時期、1年中で一番、社内が活気づく
実行委員なる者が、選出され、普段とは打って変って、みごとなチームワークを発揮する

まずは、全社員へのクリスマスプレゼント(ハム、チーズ、米、等の食料品)のリストを作成
最大イベントのクリスマスパーティーの立案
顧客への贈り物、(優先度順にリストの作成)
またその逆のリスト作成(クリスマスパーティー用の景品集め、これは凄まじい)

軍、警察、関係各社(者)からのタカリの対応
などなど・・・

明日に続く



テーマ:クリスマス - ジャンル:ライフ

ボンジョレ・ヌーボー
雑学・・・話のネタ

135話・・・11月の第三木曜日

今年は15日、午前0時をもってボジョレ・ヌーボーの解禁
先進国(時差の関係)で一番最初に味わえる特権意識からか
初物好きな日本人に大いに受けている

ボジョレ・ヌーボーはフランスの南東部、リヨンの北に位置する
今年は天候に恵まれ、一段と味わいが優しく柔らかでスムース
ボジョレ・ヌーボーと言えば赤、今年は「ロゼ」も参戦
赤は皮の色から付く物で、その度合い弱めたのが「ロゼ」
などなど・・・ウンチクやら能書きは別として・・・

2007ワインの会
私、特別ワインが好きだと言うのでなく
毎年11月の第三木曜日以外はワインを飲む機会はゼロに等しい
会員の中には、2年振りだ何て言う輩も居たりする
どうも、このワインの会の会員
品がよろしくないって、一部の人だけだけど・・・念のため

今年の出来はどうだとか、何てことはどうでもよくて・・・
ただ、海外で働いた昔の仲間に会えるの楽しくて、うれしくて

海外駐在中、昔、一緒にバカやった友人
私に向かって、一言
「おまえ、昔とかわらねエ―な!」
ってことは、なにかい?
今もバカってことかい?

2007・ワインの会も無事お開き
気がつくと
居酒屋でとぐろを巻いていた
日本酒も大好きです、こちらの方は毎日が解禁日です・・・

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

晴耕雨読
雑学・・・熟語

134話・・・晴耕雨読

これをそのまま読んで解釈すると
晴れた天気の良い日には田畑を耕し
雨の日は、一人読書を楽しむ
要するに
体を動かしたい時は動かし
のんびりしたい時はのんびりする
誰に束縛される事無く、悠々自適な生活を過ごす

毎日の仕事に追われ、時間に追われる
我が庶民にとっては、とても「晴耕雨読」何て、無理な話
それでも僅かな時間を見つけては、仲間と集い
スポーツ、釣り、ドライブ、音楽に
楽しみを見つけては時を刻んでいく人々もいる
「友有時適」とでも言いましょうか!

巷では、好きなように、勝手気ままに、我関せず、生きていく事を
「悠々自適」と思っているようですが
それも結構、しかし

自由と権利を主張するには
義務と責任が伴うことを忘れずに!!

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

マニラ湾の夕日
雑学・・・海外ネタ

133話・・・マニラ湾の夕日

誰が付けたか知らないけれど
これが世界一美しい「マニラ湾の夕日」
他国の夕日を見た人はどの様に見えるでしょうか?

工業用水や生活用水がなだれ込むマニラ湾
世界一汚染された海でもあるんです
魚介類を取って食べないよう政府広報より
度々警告が出される

でも庶民にとっては、「マニラ湾の夕日」は
憩いのひと時なのだろうか
多くの人々が、この時間、散策を楽しんでいる

resize0126.jpg


マニラ湾の片隅
ヨットハーバーを望む
豪華なクルーザーやヨットがこれ見よがしに停泊している
その日を、必死に生きる人々の目と鼻の先に
別世界がここにもある

resize0124.jpg


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

アンデス
雑学・・・海外ネタ

132話・・・ペルーの世界遺産

石積みの巨大遺跡マチュピチュ

世界遺産にも登録されているペルー随一の名所
標高2、000mを越す、ここを空中都市と呼ばれている 

スペイン軍に敗れ、首都クスコを追われたインカの人々は、ビルカバンバの谷の奥に要塞都市を築いた

resize0099.jpg


住居跡
1万人の人々が段々畑を耕し自給自足の生活をしていた

resize0100.jpg


3mずつ上がる段々畑が40段あり、3,000段の階段でつながっている

resize0101.jpg


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

返り咲き
雑学・・・慣用句

131話・・・返り咲き

resize0083.jpg近所を歩いていたら
つつじの花が一輪さいていた
春になると一面
つつじの花で埋もれる植樹帯
何故?今

resize0086.jpg振り返ると
こちらにも
今にも噴出しそうな芽も待機している
これは「異常気象」でもなく
”返り咲き”と言う現象なんです
本来、春に咲く花がまた今時に花を咲かせる事を言うのです


一躍人気を博した芸能人、大活躍したスポーツ選手
知らぬ間に周囲の話題から消え、忘れられた存在から
突如復活をする
こんなとき「○○は復活しましたとか、みごとに”返り咲きました”」なんていいますよね
この花のような現象を例えて表現してるんです
どうでしょうか

一度や二度の挫折なんて
ものともせずに「返り咲いて」みましょうや!

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

シギリアの壁画
雑学・・・海外ネタ

130話・・・シギリヤの壁画

スリランカ・・・昔の名前は「セイロン
セイロンと言えば・・・紅茶
40歳以上の方なら「セイロン紅茶」は、つとに有名だったのはよくご存知
今も紅茶の輸出は盛んですが、宝石(ルビー)の方がが知名度としては高いかも・・・

resize0080.jpg

首都「コロンボ」から3時間ほどにシギリヤがある
スリランカ唯一の観光地で
岩山の絶壁に描かれた美女の壁画が美しい
15世紀に描かれたとは思えぬ美しさを今も残す
と言うが、色を塗り直している跡が目だって気になるが・・・

resize0082.jpg


服を着ているの侍女(メイドさん)
胸をあらわにしている裸婦が上流階級の婦人で、身に着けた装飾品を誇示するため裸婦だったという説があるが・・・

高貴な男性諸氏、豊かな胸と身に着けた高価な装飾品と、どちらに目を奪われただろうかと・・・
壁画を見ながら
ふらちな考えが頭の中をよぎるのでありました・・


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

賞味期限、消費期限
雑学・・・話のネタ

129話・・・賞味期限

賞味期限とか消費期限の表示
「世に広く出回ったのは昭和40年代」

それまでは・・・
食べられるか?食べられないか?
は、お袋や、おばあちゃんの、目、鼻、舌で判断していた
いや、頼りだった!

「肉は、腐り始めがやわらかくて旨い」
なんて言って、焼いたり煮たり
素材を工夫でしながら
上手に消費期限をコントロールしていたように思う
これで家族が、病気になった、なァんてことなかったら
この、判別能力って凄い
別に我が屋に限らず何処でも同じだったと思う

大手のコンビニエンス・ストアーー
数十件、仕事で内部の立会いに出向いた機会があった
売り上金の生産、マニュアルの掲示板、防犯カメラ等など、裏の貴重な体験ができた
レジの裏、事務所の一角、大きな箱が置かれていた
何だ!と思っていると、賞味期限の食品がつぎ次とこの箱に捨てられていく
なんとも、はや、勿体なと思いながら・・・ながめていた

賞味期限・・・美味しく食べられる期限
消費期限・・・安全にたべられる期限

と決められているそうだけど

末端の小売業者が規定を守って努力しても
大元の製造業者が揃って、期限を偽っては

話にならないし、申し訳ありませんでしたでは
済まされないぞう!!



テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ

マニラの摩天楼
雑学・・・海外ネタ

128話・・・マニラの摩天楼

フィリピンの首都マニラ
政治、経済の中心地、高層ビルの立ち並ぶ「マカテ市」
その隣町、マンダルヨーン市にあった自宅、28階よりの眺望です

マニラの高層ビル街、ほとんどがマニラ湾から、陸側からの写真は珍しいかもしれません
そして、特筆すべきことは・・・マニラ通なら誰でもご存知、スモッグ覆われた市内、これだけ澄み渡った空は年に数日しかないということです・・・
大雨の翌朝、思わずシャッターを切った写真がこれです

resize0079.jpg

このマカティ市、狭い地域の中に、大手町、銀座、新宿、そして新大久保??など等が渾然一体とした、楽しくも、複雑で悲喜こもごもの何とも言えない魅力のある町でもあります

写真手前、緑に囲まれた高級住宅街、この住宅街とビル郡に挟まれた地域がスラム街です

貧富の格差こそあれ、今日もたくましく息づいているマニラの風景です


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

エアバス A380
雑学・・・海外ネタ

127話・・・シンガポール航空

総2階555席(エコノミークラス換算)かなりの注目を浴びていた
エアバスA380
シンガポール航空(SIA)では、世界で初めてエアバスの超大型旅客機「A380」の商業運航を開始した

ファーストクラスよりも豪華なスイートクラス(個室12部屋)は、世界で初めてダブルベッドを搭載し話題満載だったが・・・

“飛んだ”騒動が大空を飛廻った
シンガポール航空(SIA)は、スイートクラスの利用客に対し
飛行中に性行為を行わないよう呼び掛けるる声明を発表した。
部屋は防音加工されておらず、完全に閉め切ることもできない
同航空の利用客に対しては、どの座席にいても、ほかの乗客や乗務員の気分を害することを行わないとの規範を順守するよう求め、スイートクラスの利用者も例外ではないとした。

jjp_m5648402.jpg


乗客の一部からは「SIAはロマンチックな環境を作るためにダブルベッド(の席)を販売し、プライバシーと飲み放題のシャンパンを提供しながら、その後必然的に生じることをしてはいけないと言っている」 
と不満が噴出しているらしい・・・

以前ヨーロッパ(12時間)に向かう飛行機の中で、ごそごそ、がさがさ、チュパチュパ、なにやら忙しいカップルをよく目にしたので、利用客は大いにいると思う
・・・まあそうお堅いことを言わんでも・・・

20071103154550.jpg


3万フィートの「メーク・ラブ」か!
まるで、空を飛ぶような気持ちなんだろうなァ―


テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

水商売って何?
雑学・・・話のネタ

126話・・・水商売

時々寄らしてもらう、立ち飲み屋
1000円でお釣が来る、お手軽なお店
隣のお客と立ち話
「お仕事は、何ですか?」と聞くと
「水商売」です、ぼそりと答えた
風采は上がらず(人の事は言えませんが!)
どう眺めても「水商売人」には見えない

ところで、
「水商売」とは何だろう?
思い浮かぶのは、飲食業、じゃ語源は何だ
これまた諸説いろいろ・・・

私的な持論ですが・・・雨が降(来客)れば潤い、天気が続けば枯れる
クラブ・キャバクラ・スナックなど、客の入りによっては収入が不安定だ
そこで、水にお金の流れを例えたのでは・・・
しかし不安定であるからこそ、企業努力では無限に稼げる可能性を
大いに秘めている職業だと思います
サラリーマンの私には、うらやましい限り・・・

ところで、くだんの彼に
「水商売」はどちらで、聞くと
彼、大真面目な顔で、こう答えたんですよっ・・・
「多摩市水道局」
っうん・・・確かに「水商売」には違いねぇーや


テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ



プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。