雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定礎
雑学・・・話のネタ

152話・・・定礎

マンションやビルの入り口などにある「定礎」の文字
見掛けた事ありませんか?
何であるかは、知識として知っていたのですが・・・
定礎石の奥には「定礎箱」と呼ばれる鉛や銅、現代ではステンレス製の箱が埋め込まれている

たまたま知り合いのビルが取り壊すことになり、現物を見る機会にめぐまれた
建築当時のお金、その日の新聞、写真、社史、建物の設計図、お札などが入っていて
まるでタイムカプセルそのものだ

取り壊されたビルの関係者や当時を知る人は誰もいなかったようだけど知人と家族、関係者が当時を偲ぶ為の資料には十分だった

皆さん、夢中になって読みあさっていた、そして新たに建築されるビルに思いをはせていた

建築屋さんに聞いて見るとこの箱には特に何を入れるかという事の決まりなく何でもかまわないとか、大きさも自由に選べる

定礎の「礎」は「いしずえ」と読む、物事の基本となる事を意味します

年明けから始まるビルの建築、このビルの中にまた新たな歴史が埋め込まれる
いつかこのビルが取り壊され、このタイムカプセルが開けられる時は・・・

どんな世の中になっているでしょうか?


resize0162.jpg

スポンサーサイト

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

ブット元首相暗殺
雑学・・・国際ニュース


151話・・・ブット元首相暗殺

パキスタンの元首相、ベナジール・ブット氏が暗殺された
首相当時、仕事の関係でお会い出来たことがある

イスラム教徒の女性は握手をしないので握手を求めないようにあらかじめ言われていたせいか
話すきっかけがつかめない私に一言二言だったが声を掛けていただいた
美しく、気品に満ちた凄いオーラを感じました

政府間関連の仕事に携わる我々の仕事では、一国の長、或いはその国を代表する政治家とお会いする機会が少なくない
その中でも取り分け、強く印象に残っています

ご冥福をお祈り致します

暗殺を企てたの、政府だ、いやアルカイダが関与してるとか・・・
頻発するテロ事件、これだけの大物が、いとも簡単に暗殺されてしまう
国の警護は万全だったのか?

主義主張を命がけで実践する、当人達は覚悟の上での行動であろうが
一番辛く悲しいのが、一般市民が巻き込まれると言うことだ

テロ集団を率いる指導者が、これで、自分達の主義主張が通り、支持を得られと考えていたら、狂人の何者でもない



パキスタンの紙幣
resize0156.jpg


resize0157.jpgパキスタンのビジネスビザ
シール形のビザはめずらしいんです
比較的特殊な国の場合、敵対国などに行った時、相手国の入国実績が問題となり入国できない事があるんです
そんな時はシールをはがして実績をなくします

人種差別で揺れる南アフリカはパスポートでなく別な用紙に入国スタンプを押して貰うことも可能です

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

カマキリは天気予報官?
雑学・・・話のネタ

150話・・・カマキリ

今年の冬は例年に比べて寒くなる?
或いは暖冬?
北国の積雪は?

予測や予報に悩む人間をよそに
カマキリが住むその地域の積雪量を、正確に言い当てるそうだ
秋に木や木の葉に産卵する位置が積雪量の目安だとか
何故?って、雪に埋もれれば、卵が死に、子孫を残す事が出来ない

そこで雪に埋もれないぎりぎりの所に卵を産み付ける
凄いカマキリの知恵
周囲を見渡すと、卵の位置はそれぞれ違う

研究した人がいる
吹き溜まりは雪が積もるので高い位置に
吹きさらしは雪が積もらないので低い位置に
どうやら、カマキリの様相はバカに出来ないらしい

カマキリは英語で“mantis”語源はギリシャ語の「予言者」の意味
気象庁はカマキリの予想は全く相手にしてはいないそうだが

あんたも、考えて見れば、「予想屋」さん、じゃあーありませんか?



テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

車内放送
雑学・・・話のネタ

149話・・・車内放送

次に止まる駅や乗り換え案内に加えて、優先席・・・携帯・・・ミュージックプレーヤー・・・駆け込み乗車・・・ドア付近には立ち止まらないよう・・・ドアに手を・・・等など
皆様のご協力とご理解を・・・
車内放送はまことに賑やかだ

先日、耳慣れないと言うかこんな車内放送を聴きましたヨ!
「しゃがみこみ」「すわりこみ」をなさらないよう、みなさまのご協力と・・・

これって何だッて、聞いてみたら、ドア付近の床にペタと座り込む若者が時としているんだそうだ

疲れてるんだろうネ、それにしても汚くないかい?
乗り降りに、さぞ、迷惑な事だろう

通勤利用客には、耳障りな車内放送も、すると、しないとで効果に大きな違いがあるんだとか・・・
でもよく考えてみると、これら車内放送
どれもこれも、いちいち人から言われるものではなくて

全て、大人としてのマナーなんですよネ!

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

雑学・・・話のネタ

148話・・・メリークリスマス

最近は、ハッピィークリスマスとも言うんですネ!
バブルの頃、老いも若き随分と派手なクリスマスを過ごしたものです・・・
最近は、身近なところで楽しむとか!
若い人たち、車、オーディオ、携帯と何かと出費が嵩み・・・
それはそれで・・・居酒屋とか、友人宅、或いは、家庭で楽しむ・・・

もともとは、キリストの生誕日、我が日本は仏教の国なのに、キリスト教を超えた一大文化になっちゃって
自分の誕生日をこれほどまで異国の地で祝ってくれるとは、イエス様もさぞ驚きなことでしょう
なにも豪華な食事やプレゼントもいらない、普段触れることのない異宗教に乗じて、親しい友人同士、恋人、家族の絆を確かめるこんな機会でいいと思う

クリスマスになると、途上国に居たころを思い出す
これほど、此の時ほど貧富の格差を感じたことはない

私とって、クリスマスにはいい思いではないんです
手を差し伸べな切れない、子供達があまりにも多くて・・・

楽しいクリスマスをお過ごしの皆さん
ゴメンナサイ・・・こんな事書いちゃって!




東大生
雑学・・・話のネタ

147・・・大人としての言動

友人からおもしろいブログがらあるからって言われ読んでみたのがこの記事
インドで研修中の元ミス東大生のブログ

『あふじゃで研修中』

下記がそのブログの記事内容だ

こじき
インドの屋台グルメは基本カレー味でまずいので口にしないのですが、
きのうカレーじゃないの見つけました
衣なしじゃがいもコロッケ

普通はカレーをつけて食べるからやっぱりカレーやねんけど、塩コショウで食べれば、
擬似衣ついてないコロッケ!!

8ルピーだったので食べてみたんやけど、やっぱりしつこいから半分でもういらんと思って、
捨てようかどーしようか迷ったけど、やっぱりもったいないからこじきに与えようと思って、
こじき探してたら、こうゆう時に限ってこじきに出会わない
いつもはそこらじゅうにいるくせに、今日だけいないの
で ようやく見つけた子供のこじきにコロッケあげるよって言ったら

拒否・・・

いらんって
せっかく恵んでやろうと思ったのに
ってか いつも食べ物くれって言ってくるくせに
こじきのくせに

この記事を読んで、30年程前、海外で仕事をはじめたころ、この方に似た様な行動をしたり、考え方を持っていた日本人が沢山いました
当時は、あきらかに優越感から来たもの・・・

率直な気持ちそのままを文章にしたんだと思うけど、おそらく日常もそうなんだろうな!
後進国が発展途上国、貧乏を貧困と言葉が変化したように、言葉の持つ力は大きい

東大に入学するため大変な努力をしたのでしょうが、優秀と言われる人独特の優越感、虚勢、視野の狭さが、この様な言動になったと思います

多くのひとが苦楽を伴う人生経験を積むことにより、成長していくものですが、東大出身者は社会に出てもチヤホヤされるしラインに乗って出世する
それはそれとして、少なくとも、周囲の空気を読めるような人になってくれるといいな・・・って思います

みなさんは如何にお考えでしょうか?

お門違い
雑学・・・慣用句

146話・・・お門違い

正社員の方々、或いは経営者が望む派遣社員は、“即戦力で生え抜き以上の実力”を発揮してくれる人
虫のいい話だけれど、なかなか、こういう方がいっらしゃるわけではない

出かけたままなかなか社に戻らない
どうしました?と聞く社員、
「車のナビが良くなくて再三道に迷ったので・・・」

進捗が上がらず、ミスも目立つ、叱咤激励する社員に
「中途半端な指示を中途半端な社員から受けたんで中途半端なものしかできなくて・・・」

出来上がり違い、注意をすると
「説明がおかしいから・・・」
ならば最初に聞けばいいでしょう?・・・

なにかと、言い訳を連発すし。自己主張が先回り
そんな派遣社員の方も少なくない

「お門違い」とばかり嘆く社員に同情するわけでもありませんが
お門違い」って、目的以外の家に入ってしまうとか、あらぬ方向に向かってしまうとか・・・平たく言ってしまうと「見当違い」ということなんだけど

こう言ったやり取りを聞いていると
「お門違い」には、“屁理屈”やら“下手な言い訳”も加えなければならないですネ!


社内風景
雑学・・・話のネタ

145話・・・社内風景

気楽な立場になってから、毎日の仕事が楽しい
と同時に周囲の事がよく見える
先日こんな事があった

電話を取った若手の社員

「○○課長さんは、ただ今外出中でございます」
「○○時にお戻りなる予定でございます」

こんなやり取りを聞いていたこの若手社員の上司が

「○○クン、客先からの電話に我が社の社員に”さん”付けはないだろう」
とお叱りと指導をしてた
そう、上司の注意は正しいが

この若手社員
「あのう・・・お言葉ですが・・・今の電話、課長の奥さまからなんですが・・・」

「○○クン、今の電話、何処から?」
って、最初に聞かなかった上司がいけない

この上司、毎度のごとく早とちりが欠点だけど正義感溢れる好人物
だが・・・
若手社員の信頼を勝ち取るには
まだまだ、時間がかかるぞ!・・・



有給休暇
雑学・・・話のネタ

144話・・・年休


6ケ月間働き続け、全労働日の8割以上出勤すれば誰もが当然年休がとれる
この年休は何に使おうが、会社に目的を伝える必要もない
これは、働く者の当然の権利、法律上何の問題もないんです

とは言っても、皆さん年休、しっかりと取っていますか?

高度成長時代、所謂、団塊世代の方々は、この年休そのものの存在すら無きものごとく働き続けてのではないでしょうか?
年休を取りたいが、上司から何を言われるか分からない
私などは、病気一つならなかったこともあり、年休0の年がほとんど
海外生活21年間はまさに一度も年休は取れなかった
それが、カッコいいと言った雰囲気が周囲にも自分にもあったように思う
これこそが、世界2位の経済大国になった躍進の原動力だったのだが・・・

今時代が変わり、昔ほど、年休が取りづらくはなくなったものの
周囲を見て見ると、まだまだの様に感じる

若い人達に言いたい
年休を自由に取り、自分の為、家族の為に有効に使って欲しい
さもないと、私のように全く無趣味の味気ない人になっちゃうぞ!

ドイツ人の友人が勤める会社、年間3ケ月の年休を取らなければならないと言う社則があるんだそうだ
これまた凄いデスネ!
これこそ、先進国と言えますよね!
ちなみに、日本も世界が認める先進国なんですが?



テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

一向二裏
雑学・・・慣用句

143話・・・一向二裏

毎年暮れになると、必ずテレビ番組に登場するのが
赤穂浪士の討ち入り
本来許されるものではない、仇討ち
主君に対しての忠義、個人の正義、日本人の持つ心の定義
飽きもせず、見入ってしまう

古くは長谷川一夫が演じた「大石内蔵助良雄」その台詞の一部
「おのおのがた・・・」出陣に際して全員に奮起を促す言葉の始めに使われた
この台詞、今でなら流行語大賞に選ばれるほど一世を風靡したものです
さて、この討ち入り

一人の死者も出さず無事本懐を遂げた裏には・・・
偶然と用意周到の準備、周囲の協力、そして、計算された戦略があった

吉良邸に向かう47人の足音を消し去った大雪
吉良側の警備が手薄だった事
狭い室内での戦いに適するよう、小回りの利く小振りの槍、弓の準備

そして、戦略
47人、の内訳をみると、堀部弥兵金丸77歳を始め、60歳代4名、50歳代4名、40歳代5名、そして10代が2名
戦う陣容にしては、如何にも心もとない

そこで古くからある兵法「一向二裏」を実践し徹底した

一対一で立ち向かい戦う両者の隙をついて、見方の2人が背後に回り攻撃を繰り返す
血気盛んな若い武士は正面きっての戦いに挑みがち
経験豊富な高齢者が多かったからこそ、この戦法が徹底されたのでしょう
ってな状況を思い浮かべ、新たに「忠臣蔵」を見てみるのも、楽しいかも?

さて、この戦法、現代のスポーツでも応用されているんです
サッカー、アメフト、ラクビー、ハンドボール、バスケットなど

プレイヤー同士が直接ぶつかり合うボールゲームではよく見られるチームプレイの一つなんです



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

飲みニュケーション
雑学・・・慣用句

142話・・・飲みニュケーション

忘年会のシーズンです
職場、仲間同士、飲む機会が多くなりますネ!
日常、親しい仲間同士で飲む機会は多いでしょうが
職場の人達や先輩、上司と一緒に、飲む機会はどうでしょう
飲みながら、日常のこと、職場のこと、仕事の事など
いわゆる、飲みニュケーション

我々、若い頃はいやでも上司にしっぱり回され、付きあわされ
くどくど説教されたものです
マニュアルなど無かったころ、こう言った飲み会を通じ、先輩や上司から仕事のノウハウや人生、はたまた女性問題に至るまで、ご教授されたものです
また、何たって、支払いは全て「おごり」で我々、若いものは大いに助かったものです

最近の若い人、こう言った飲みニュケーションは避ける傾向にあると思っていたのですが
「職場には必要」と答えた人が60%上、「参加したい」と思う人が70%を超える
とのアンケート調査がある新聞に載っていました

現在の仕事に意欲のある人程、積極的に参加するようだとか!
押し付けたり、文句たらたらの上司が少なくなったとか、支払いは「割り勘」で、と言うのが、先輩や上司との距離を、ぐっと縮めているのかもしれません

人生の先輩の話を酒の肴に、今夜もどこかでワイワイガヤガヤ、楽しんでいることでしょう


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

年賀状
雑学・・・話のネタ

141話・・・年賀状

毎年、この時期になると、そろそろ、書かなくちゃと思いつつ、ずるずる・・・で
26日までお出しください、なんてお知らせがあると大慌て

毎年届けられる年賀状
宛名を見て、文章を読んで
字体を見ただけで、相手の顔がどーんと浮かんで来る
年賀状、手書きが当たり前だったころ、心を込めて、一工夫も二工夫もして投函したものです

さて、最近はと言うと、PCで作成したり
携帯電話で入力するだけで、印刷されて届くサービスまで登場している
時代の流れを大きく感じるけど・・・

若者の間では、やはり、手書直筆の方が心が通じるときの年賀状も増えているとか
友人には、携帯、PCで作成
大切な人には、手書きで・・・上手く使い分けているようです

さて、喪中のはがきが来たらどうしますか?
もちろん、年賀状は控えますが、親しい相手であれば
お悔やみの返事はすぐ出すべきです
さりげない文章で・・・
「存じませんでした、ご冥福をお祈りいたします」
これで、十分だと思いますが
皆さんはどうなさっていますか?


テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

ご無沙汰です
140話・・・ご無沙汰です


若い人に頼られる・・・
年寄りにとっては、とってもうれしい事でして・・・
よっしゃー!
とばかりに手を貸してみたら・・・

いやはや!
とんでもない事に・・・
先月17日より昨日(9日)まで、土日祝日なし平日深夜まで、休みなしの連続23日間働くはめになりました
その間徹夜が3日
帰宅後、パソコン開く間もなくバタン、キュー

てなわけで
全く、更新出来ませんでした
ここに、訪ねて頂いた皆さん、申し訳ありませんでした
今日から正常?に戻りました
更新続けさせて頂きます
みなさん、よろしく、お願いいたします

よく考えて見れば、12月、
この程度の事はそこらじゅうで当たり前に行われている事かも知れませんね
がんばりましょう

ところで
私の事を
大変だ、大変だと言いながら
何か、楽しんでる様だと、若い人の声が聞こえてきた

って・・・仕事に追われるって事は
幸せな事なんだぞって、若い人に伝えたかった、かも知れない

今だ私、元気で体力充実
自分を褒めて上げたい気分です

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ



プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。