雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
05 | 2008/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界都市ランキング
雑学・・・話のネタ

288話・・・世界都市ランキング


海外で仕事をされたり、海外旅行に出かけられた人々の中には
生活するなら、仕事するなら、遊ぶなら、食べるなら、等など
それぞれ、憧れや、大好きな国や都市があったり、二度と行きたくない国や都市があるかと思います

海外生活経験者にとって、世界の国から日本がどのような評価をされているのか気になるところ
284話で書いた「世界で最も歓迎される観光客は日本人」は観光業分野から見た評価でしたが

イギリス、モノクル誌のなかで「住みやすい都市ランキング」が目に留まった

1位 コペンハーゲン(デンマーク)
2位 ミュンヘン(ドイツ)
3位 東京(日本)
4位 チューリッヒ(スイス)
5位 ベルリン(ドイツ)

17位 福岡(日本)

20位 京都(日本)

これらは治安と経済的な条件、住居、衛生、教育、自然環境などの生活の質を総合し、最近、評価したものだ
人それぞれ、好き嫌いがありますが、日本人と接したり、来日して、多くを体験した結果がこの評価だと思います
これを見ると過大評価にもとれるが・・・まぎれもない事実
私自身の評価では30位前後が妥当な線か思いますが・・・

世界中で行われている国同士を比較したさまざまなランキングがある、その中で常に上位にランクしているのが、我が日本世界の人々に注目されている、取り分け、アジア、アフリカ諸国の人々は熱い視線を投げかけている

ただし、我自国民自身が評価する日本に対する「満足度」となると
90位と言うのが気になるところだ

上を見たらきりがない・・・

スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コスプレ in バンコック
雑学・・・話のネタ

287話・・・コスプレ in バンコック

日本対タイのサッカー試合
競技場を間違えて
時間つぶしでこの場所に行かなければ
この写真は撮れなかった

ですが、コスプレの意味すら判らない「おじん」でして
ただ、シャッターを切っただけなのです

resize0280.jpg


日本のアニメ、漫画は大流行で憧れでもあるんです
この子は
「テニス王子」
だそうです
判りますか?

resize0278.jpg


皆さん、中高生
裕福な家庭の子供達
何も言わなくても
ごらんのポーズ

resize0279.jpg resize0277.jpg



日本の漫画やアニメが有名なのは
世界的傾向だそうで
各地でコンテストがあるとか!
特に
フランスが盛んだ・・・と聞きました

へぇー!!!


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

タイの国立競技場
雑学・・・話のネタ

286話・・・ああー 勘違い

足しか使えない、点数もあまり入らない
ストレスの溜るスポーツだ
何て言ってしまうとサッカー・ファンには叱られそうですが・・・

日本国が参加する国際試合
それも海外で見るとなると、心の奥にあったナショナルリズムが大いに燃え上がる
海外に駐在中、サッカーに限らず、日本代表の試合は都合のつく限り応援に出かけたものです

海外で聞く「君が代」
はためく「我が国旗”日の丸”」
勝っても、負けても、涙がでるほど感激してしまう

バンコック市内には、若者が好んで集まるファッショナブルな街が幾つかある
そのひとつに日本の原宿と称され、比較的裕福な家庭の若者達が集まり
若者の文化の発祥地と言われている
「サイアム・スクエァー」

ここから歩いて15分程度の所に
「国立競技場」がある
(日本対北朝鮮、無観衆で試合が行われた競技場)
国際試合の殆どがこの競技場で行われる


写真中央やや右上が競技場
左手中央が「サイアムスクエァー」


resize0059.jpg


だから、今回もここで行われるものと思っていた
14日当日スリランカからタイに
5時にスタジアムに行けばいいからと、時間つぶしと食事には近場のサイアム・スクエァーでと、空港から直行
ちょうど日系のデパートの入るビルの前で
「コスプレ」のコンテストをやっていて時間つぶしには持ってこいとばかり・・・

5時近く
周囲にいた人に
「サッカー応援に行かない」と聞くと
「今からじゃ間に合わないし」と言う??
「すぐ、近くじゃないか」
サッカーには興味がないのか?
なんだか、話がまるで、噛み合わない・・・

話している内に
試合の行われる競技場は、ここからタクシーで1時間半ほどにある
別な競技場だと気づいた次第であります

ここまで来て、いやはや、テレビ観戦となさけない
それも、街の電機屋で・・

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

バンコック
雑学・・・話のネタ

285話・・・バンコック

急遽スリランカからタイへ
日本対タイのサッカー試合を見るために・・・

それが、見られなかったのです
なんと、テレビ観戦

その顛末は明日以降に

スモッグで覆われたバンコックの空
これほど、よく見渡せるなんてめったにありません
雨季の時期
雨がスモッグを洗い流し
束の間の晴れ間が
こんな情景を演出してくれます

バンコック一の高さを誇る
某ホテル83階よりの眺望です

resize0264.jpg


タイって発展途上国???
なんて思っている人
この高層ビル群をみると
信じられませんよね!

resize0265.jpg


でも写真を良く見て下さい
高層ビル群の手前には
低所得者層の住む地域が隣接してます

resize0261.jpg


林立するビル群の周囲には
ごらんのような
露天商が軒を連ねています

resize0257.jpg


格差が歴然として存在するバンコック
これからも、ますます格差は広まることでしょう
しかし
これらが実に上手く混在し
日常生活が営まれているのもバンコックの特徴です
なんと言っても
明るい国民性は
別な意味でのタイの宝だと思います

resize0256.jpg

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ぶらり一人旅
雑学・・・話のネタ

284話・・・世界で最も歓迎される観光客は日本人

ご無沙汰致しました
「ぶらり一人旅から」戻りました
海外生活21年
と言っても、観光で出向いたわけではないので
情けないことに、行く先々の観光地等は殆ど知らない
そんな訳で、自分が滞在した国に一観光者として出かけてみたくなりました

一番の思い出があるアフリカ諸国には行きたくとも、お金と時間の余裕がありません
そこで、今回は3年以上の駐在経験がある
スリランカ、タイ、フィリピン
に決め、出かけたのですが・・・

14日、日本対タイのサッカー試合がある事を思い出し、急遽予定変更
スリランカに一泊後、タイに向かいました
その後、フィリピンに・・・と予定していたのですが
この辺が、リュックひとつで「ぶらり一人旅」のいい加減さと言うかフレキシブル
フィリピンはいずれ其の内に言う事で、バンコク市内をぶらついていました
この模様は順次このブログで紹介させて頂きます

こんな記事を見掛けました、旅行帰りなので、興味をもって目を通してみると・・・
米最大手の旅行サイトを運営するExpediaが観光客の評判に関するアンケート調査を
28カ国、1万5000以上のホテルマネージャーに、礼儀や気前の良さなど10カテゴリーで最良と最低の国を選んでもらって集計した
その結果
世界で最も歓迎される観光客は日本人・・・だそうです

「行儀がいい」「礼儀正しい」「物静かで慎ましい」「クレーム・不平が少ない」
ホテルの部屋をきれいに使ったり、ローカルフードに積極的に挑戦する姿勢も評価された
確かに、レストランや公共施設、娯楽施設には日本語表示や表記があり
海外で仕事をしている時から、日本人は、歓迎され、優遇されているなとは感じていました

まず、目にした日本人旅行者が現地人と揉めている姿はほとんど目にしないし
他のアジア人や西洋人とは別格の扱いである
海外で日本人を評価する一つに
「日本人は相手の文化や伝統を尊重する」
「西洋人や隣国のアジア人のように”我が国の場合”的な思いあがりや
押し付けがましさが無い」

こう言った評判はうれしくもあり自慢すべきことであるけど

裏を返せば
「扱いやすい」
と思われているのかもしれない
旅先での苦情や不満はしまい込まず
サービスとか理不尽な事は納得するまで食い下がる
怒鳴り散らしては話にならないが
じっくり話せば、相手もプロ、理解はしてくれる

最近、海外でよく見掛ける隣国の傍若無人な旅行者の姿を見ては
我が身を振り返る今日この頃です



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

旅に出ます
一週間程、時間が取れました
旅に出ます

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

小学生から英語教育?(パート2)
雑学・・・話のネタ

283話・・・小学生から英語教育?(パート2)

いつも懇意にして頂いている“アシュリー”さんから
貴重なコメントを頂きました
そこで1昨日の続き・・・

我々団塊の世代が海外に大挙進出しはじめた70年代中期
海外に飛び立った日本人に対する各国の評価は!
「勤勉」「実直」「礼儀正しい」「約束・時間の厳守」等々
称賛のあらしだった
これが、海外における日本人のトレードマークでしたし、今も変わりがありません

その反面
「いつもニヤニヤしているだけで何を考えているのか分らない」
と言った、批判もありました
この状況の裏には
「言葉が上手く話せない為、による、意思疎通の欠如」
を隠す行動でもあった様に思います私にも経験があります
とりあえず微笑んでおけばいいか、って・・・

しかし
「勤勉」「実直」「礼儀正しい」「約束・時間の厳守」等は
やれと言って、すぐ出来るものではありません
これは、他国と比較してみればよく分かることでしょう
これらが、自然に出来、身についていた大きな要因は日本の伝統を守り
学校や家庭での教育や躾があったからこそです

外国語を普通に話す
これは、環境次第で誰でも出来ます
難しい事でも何でもありません

しかし、相手に対し
「笑わせる、怒らせる、皮肉る」ことが出来るようなネイティブな話が出来、読解力が増してくると
その人自身の人間性がもろに出てきます
好かれることも、嫌われることも、一瞬で決まってしまいます

人間性の形成には幼少の頃に基盤が作られます
その大事な時期に、またひとつ外国語課程を取り込むことは
子供たちにとって、大きな負担にはなりやしないか(あらたな落ちこぼれ)と危惧するのです
好奇心、興味を持てなければ、子供たちは、いとも簡単にそっぽを向いてしまうからです

私は英語の教室に通ったことは、一度もありません
「いい仕事をしたい」
「友達を作ろう」
「この国をもっと知りたい」
「日本を正しく、詳しく伝えたい」
私の先生は現場の環境でした

本格的な英語教育が始まったら
生半可な気持ちの指導者では務まりませんから・・・

も過大な期待をしてはいけないと思います
うちの子は外国語を通じ、海外の事に興味を持つようなりました
両親や周囲の方はこんな軽く、優しい気持ちで子供たちと接してくださいね


テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

戸惑うトイレ
雑学・・・話のネタ

282話・・・戸惑うトイレ

海外旅行
特に東南アジアに出掛けられた方々
皆さん、旅行から戻ると沢山の思い出話に花が咲くと思いますが・・・
そんな中、話題の最後に出て来ては盛り上がるのが
行先々の国で出会ったトイレの事情
生活習慣や文化の違いから来る、各国様々なトイレの事情に
戸惑ったり、困ったり、如何でしたか?

ところが
逆に日本のトイレでも
私などは戸惑う事がすくなくないんです
特に水を流すとき・・・
ハンドル式?
レバー式?
壁のボタンを押す?
で、ウロウロしてたら、勝手に流れちゃった・・・
センサー式まであるんですね!

大勢の方々が利用するトイレ
もっと簡単でもいいと思うけど・・・

ところで
日本で当たり前になっている
大小の使い分けレバー
海外では見たこともありません
水の節約?
世界でも類を見ないアイデアだと思いますが・・・

でも、同じ水洗でも、柄杓で洗い流すスタイルの、アジアの多くは
このアイデアには関係ないかも

落とした量を見つめては
水を流す柄杓の回数
必然的に
水の量をコントロールしてますから・・・



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

小学校から英語教育?
雑学・・・話のネタ

281話・・・小学生から英語教育?

今振り返る30年前のこと
技術屋に言葉はいらないなんて言われて・・・機上の人になった

パーテイィーがある日
上司の命令は・・・
「お前は水割りを作って客に運べ」
「ビールを客についでまわれ」
「このカメラで適当に撮ってくれ」


初めての海外出張
当初、英語が全く話せなかった私にとって
日中は電話のベルに怯え
客先とのパーティーは、取り分け苦痛だった

3ケ月を過ぎたころ、英語が自然と口をついて出てくるようになった
ある程度しゃべれるようになってくると、相手も話の内容を上げてくるので
いくらたっても、上達していないようで、英語の悩みは尽きなかった

11年春から、小学校でも英語の授業が本格的に実施される
もう既に始まっている学校もあるという
グローバル化に伴う教育(指導要領)の一環であるが・・・

私はどうかと思う
日本語で正しく読み書きを学び、自分の考えをしっかりと表現できるようにすることがまずは最初ではなかろうか?
子供は覚えるのが早いだから早いうちにと言う意見もあるでしょうが
使う機会がなければ、忘れてしまう
私は中学、高校、大学と10年間、英語の勉強をしました(させられた)が
いざ、海外に出たら、右往左往の立ち往生
必要に迫られなくては、物事なかなか身につかないものだ

海外に出たり、或いは外国人と接する事がますます、これから多くなるでしょう
それは、日本の文化を海外に伝える役目も担うのです
親、友人、目上、目下との接し方
日本の文化などが正しくしっかりと話し表現できる事を
まず学んで欲しい
食べ物を口に含んだまま「おいひー」なんて言ってるようじゃ!

もし、英語の達人になったとしても
非常識のない人は海外に言っても常識はずれなことをしています
教養とて同じこと

日本と言う国を知らず、常識の欠如、正しい日本語での表現が出来なくして
何を、誰と、英語でお話しするつもりですか?


テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

諸刃の刃
雑学・・・話のネタ

280話・・・諸刃の刃?剣?

過去に実績、或いは駐在事務所がある場合は新規のプロジェクトを受注しても
翌日から、何の問題もなくスタートが切れるが・・・

右も左もわからない、初めて行く国となると、そうは行かない
事務所を開設すると、現地有力者、とか自薦他薦も含めて、多くの現地人がやってくる
優秀な人材や有力者は喉から手が出るほど欲しいが
したたかな者も少なくない

我々に多くの利益をもたらすが、いつでも敵になりかねない
大きな効果や良い結果をもたらす可能性をもつ反面、多大な危険性をも併せ持っている
「諸刃の刃」そのものなのだ
海外での仕事には多くのリスクを覚悟しなければならない
これは、日本での企業でも言えること、経営者は誰もが経験してる事かも知れない

ところで
「諸刃の刃」
に異議を呈する人も多い、
「諸刃」とは
剣の両面に刃があることを指すので、刃は片側しか刃がない、言葉として「諸刃の刃(やいば)」ではおかしい
言われて見れば、そうかも・・・
試験に出たら
「諸刃の刃」でなく
「諸刃の剣」
が正解
だそうです

が、新聞やテレビのニュースでは
「諸刃の刃(やいば)」
書かれ、言われていたと思うのですが・・・



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

電線を守る
雑学・・・話のネタ

279話・・・電線を守る

年度末(3月)から現在に至る(6月)まで
仕事の忙しさを理由に更新が滞りがちで、わざわざ訪問していただいた方には、大変申し訳ありません
この忙しさも、もうしばらく続きそうです
単発にはなりますが、続けてまいります、今後ともよろしくお願い申し上げます

先週こんな事件がありました
ある、踏切の遮断機が作動しなくなり
列車が通過する時も遮断機が上がったままになってしまった

調べてみると野鼠が作動制御箱にある基盤配線をかじってしまったのが原因だったとか?
鉄道会社のコメントでは、この様な事故には、抜本的な対策が無いって言っていましたが・・・
先週、友人の息子さんがマンションを購入
尋ねる機会がありました、場所は田園風景残るる八王寺郊外
そこで、こんな電柱に出会いました

resize0013.jpg


この黒い物体、なんだと思いますか?
逆光で分かりづらいかもしれませんが・・・
電柱や電柱を支えるワイヤー伝いに昇って来る、野鼠や蛇などから電線を守るために、取り付けたものだそうで
電話や電気会社ではこの様な対策をしているんですね!

resize0014.jpg


これは電線にトゲトゲを巻きつけたもので、鳥が電線に止まること防ぎ
糞害から家屋を守っています

resize0015.jpg


余談ですが、息子さん宅の4階、ベランダのすぐ目と鼻の先、電力会社の作業員の方が、配線工事をしていました
ただこれだけの事ですが・・・

resize0016.jpg


気になって、私、部屋からチラチラみたり
ベランダに出ては作業見ていましたが・・・
この作業員の方、ただの一度も目の前のマンション側には、視線を向けないのです

家の中を覗かない、お客さんのプライバシーを守る
おそらく、徹底的に教育を受けているのでしょう
或いは、仕事に集中しているのか

ただただ感心してしまった、一コマでした


テーマ:雑記 - ジャンル:その他



プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。