雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
05 | 2009/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイ・ビトン
雑学・・・話のネタ

380話・・・ルイ・ビトン

1980年代
アフリカ担当だった私
当時アフリカ行きの一般コースは
アンカレッジ経由でヨーロッパ(利用する飛行機によって、フランス、オランダ、イギリス等)へ
ここで一泊、ケニヤを経由してアフリカの目的地へ・・・
機中泊を含めて2泊3日の長旅でした
仕事先はウガンダ、タンザニア、ナイジェリア、ガーナの4ケ国

アフリカへはエアーフランスが一番便利だったので主にこれを利用した
行きはフランスで一泊して即出発
帰国時は一週間ほど滞在
観光やショッピンに時間を費やしました

フランスでは
当時日本国内では余り目立たなかった
ルイ・ビトン
のカバン等を立寄るごとに買い求めました
それがこれ

resize0216_20090610204559.jpg

30年近く使っていますがとにかく丈夫
滞在でも出張でも現地調達が基本の私ですので
必要最低限度の物をこのバックに詰め込めば、それだけで十分

使わない時はこんな状態で保管
折れ目の所も全く痛むことなく
やはり値段だけの値打はあると感心してます

resize0215.jpg

現在は娘も利用して、親子2代で使っています

ところで当時は
マイレージ何て物がなくて
往復同じ飛行機会社を利用すると
距離によって特別なプレゼント(後日航空券を送ると)がありました
エアーフランスでは
高級ワイン3本とかシャネルのネクタイ3本をプレゼント
等がありました・・・



スポンサーサイト

テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

吉田カバン
雑学・・・話のネタ

379話・・・吉田カバン

こだわりの一品
吉田カバンを紹介します
ほとんど自己満足の世界ですが・・・

アメリカ空軍のパイロットジャンパーと同じ生地を使用しているとか
肌ざわりも抜群
見た目より、はるかに丈夫です
とにかく手作りの良さが滲み出ている一品です

resize0213.jpg

お気に入りは右下
小さいのですが
何と言っても
収容能力がご覧の通り
それぞれ、用途により
使い分けています

resize0214.jpg

ご存じでしたか?
陰に隠れた
人気商品なんです


テーマ:最近のお気に入り - ジャンル:趣味・実用

無神経なお馬鹿さん
雑学・・・話のネタ

378話・・・無神経なお馬鹿さん

割込みなんて当たり前
バス停には人、人で団子状態
並んで順番を待つ
このような習慣がない国に長く滞在していた私にとっては
整然と並び、且つ、静かに順番を待つ、我が日本国民の姿に、痛く感動する

しかし、こう言った場面に遭遇したことってありませんか?
小銭やパスを用意して並んでいる乗客の中に混じって
バスに乗り込んでから、財布を探しまわり
大きなお札で料金を支払おうとする人

自動切符売場の列、切符を買う段になってから
しげしげと、行く先と料金の確認をしている人

こんな事がありました
休日、バスに乗っていた
車内はがらがら
ある停留所に着いた時
突然、運転手が車外に飛び出した
外を見ると
バスと歩道に板を引き、車椅子の乗客を車内へと押していた
乗車し、車椅子を固定金具に取り付けようとした、まさにその時


一人男性がえらい剣幕で怒鳴り始めた
「皆、急いでんだ、何をモタモタしてんだ!!」
「早くだせよ!!」
すると、乗り合わせていた一人のおばさん
「何いってんの、あんた!!」
「手伝う気持ちないのかね、このおたんこなす」

こんなやり取りの中
平然と作業をこなすバスの運転手さん
「馬鹿男」に、どうどうやりあった
おばさん
実に立派でした

約5分ほどして、バスは走りだした
そこには
何もせず、ダンマリを決め込んで、ただ成り行きを眺めていた
情けない私が居りました



テーマ:ひとりごと - ジャンル:その他

生活の糧は空き缶集め
雑学・・・話のネタ

377話・・・生活の糧は空き缶集め

早朝
川崎の某所
アルミの空き缶を求めて
自転車を走らせる人々をよく見かける

ライバルと争いながら
空き缶を探す

この人達のライバルは仲間だけでないのだ
民間委託された清掃車
一刻を争うがごとく
ペダルを漕ぎ
先を急ぐ

この職につく人々は
働く場所が無いのか
自由気ままが良いのか
私には分からないが・・・
生活の糧
であることには違いない

働く場所が無い
と嘆き、人を当てにし
ふらふらするくらいなら・・・
思い切り、ペダルを漕いでみたらいい

resize0212.jpg

荷台に満載な空き缶
良く見かけることだけど
一枚、シャッターを切ってみた

何故?
自転車を漕いでいたのは
何と、年老いた女性だった
がんばれ
「おばちゃん」
後ろから
心の中で、つぶやきました



テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

モンスターペアレント
雑学・・・話のネタ

376話・・・モンスターペアレント


インフラ関連の設計施工会社(我が社も含めて)では
工事担当地域に、必ず「いちゃもん」を付けてくる
所謂「苦情マニア」と言われる人がいる

何かにつけて文句を言ってきては、工事の進み具合に大きな影響を与える
まあ、この手の人達は筋道をつけて、しっかり対応すれば
どうにか解決に漕ぎつけることができるのですが・・・

最近でよく耳にする言葉に
モンスターペアレント(両親)
モンスターペイシェント(患者)
モンスターカスタマー(顧客)

などがあります
聞いたこと有りますよネ!

このモンスター何とやらの人々に共通するのは
自己中心的で理不尽な要求を
何度もしつこく繰り返します

女子高の教師をしている娘が勤める学園でも
これに近いことがよくあるそうで
教師の間でも対策に追われているとか・・・
また、サービス業に携わったことのある人なら(バイトも含めて)
一度や二度、つらく、やりきれない、カリカリした経験があるかと思います
いやな客、居たでしょう・・・

とにかく毅然と対応しなければ
果てしなく、その自己中心的で理不尽な要求に応え続けなければならなくなります
いやがらせに屈し、自殺に追いやられた事件もありました

忍耐、辛抱、我慢、礼儀、尊厳など日本人が世界に誇れる、独自の性格は
だんだん、薄れてきた結果なのでしょうか?



テーマ:ひとりごと - ジャンル:その他



プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。