雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖火リレー
雑学・・・話のネタ

219話・・・聖火リレー

長い海外駐在中の間には
その国の選挙運動や政府転覆を計る異常なデモ活動などに直面する事がある
もっとも過激だったのが、フィリピンのピープルズパワーの騒動だった
集会場所やデモに参加した人々は数万に達した
全てに共通している事は
大型バスを連ね、揃いのTシャツを着用し旗を振りスローガンをわめき散らす
もちろん、自前支援者や支持者は大勢いるだろうが
大部分は、主催者側が集めた、主義主張のない「あごあし」付きの「臨時にわか支持者」だ
まあ、これは一つのお祭りのようなものだが・・・

この様な一途上国の個人的な自己満足的演出を、国家がやっているとしたら・・・
自国でない外国の沿道を埋め尽くす赤い旗
愛国心に燃え、聖火を守ろうとする中国人の正義感らしいが・・・
ここは、中国本土かと思えるほどの、この光景の裏側には
赤い国旗やTシャツを海外にいる中国人留学生や支援団体に送りつけ
国家ぐるみで指導している事を知ると
怒りより、いささかあきれてしまい声すら出てこない

自ら選んで(好んで)やってきた留学生はその国の教育機関を借り、その国のルールを守り、感謝を持って勉学に努めるものだ
国の政策とは言え、政府に扇動され騒動の発端である真実を知らされてない留学生もかわいそうだけど・・・
中国政府も今後留学先の国に残るの学生も、これから先の立場なんては考えないなのだろうか?

海外の聖火リレーも終わり、中国本土に入る
取り分け、一般登山家をしめだし、軍隊を待機させてまで、エベレストの頂上まで聖火を運ぶと言うことには、何の意味があるのだろうか?

何故?これほどまでの騒動になったか?
中国政府は想定外だったろう
一党独裁の弱点がここにある、政府自体が「裸の王様」だからだ
国に「政策」あれば国民には「対策」がある
これが今の中国経済の基本だ
取り締まっても、規制しても、食の安全、コピーの氾濫
常に対策を講じ、逃げる回る国民性に対し治まる事はあり得ない

経済力も含め、中国は大国になったことは、脅威とともに全世界が認め始めている
時代錯誤の国威発揚はやめて
世界に目を向け、耳を傾けるべきだ
まず、他国の意見に耳を傾ける
それが出来ないのであれば
オリンピックのスローガンである「世界は一つ」なんて
世界の人達が認めるはずがない


スポンサーサイト

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

难道你比中国人更了解中国人么?你有看到,藏独分子都干了些什么么?欺辱伤害无辜的人们,烧毁民宅商店,肆意砸烧民用车,意图抢劫银行……这是在为人权而斗争么?还是在破坏人权?谁是谁非,只有亲身经历了这些事的人们才有资格评论。
【2008/05/20 19:55】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tygok.blog106.fc2.com/tb.php/219-6a157104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。