雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の七光り
雑学・・・慣用句

220話・・・親の七光

これと言った実力もないのに偉大な親の威光をかざして大手をふるって闊歩する子息
一方、偉大な親を持つが故に、比較され、陰口や批判にさらされ苦労する子息
これらを見つめる他人目は、嫉妬がらみで冷ややかだ・・・

いずれにせよ、偉大な親のDNAを受け継いでいるわけで
一般人からみればかなり有利である事に間違いはない
偉大な親を抜き、親以上に活躍する者も少なくないが
最後の決め手は、本人の自身の才覚と努力がものを言う

「親の七光り」
この言葉、最近では余り聞かない、と言うより、表面に出てこないと言うか
出しにくいという事かもしれないが・・・

贈与税のない国、縁故がはばを効かせる国などが未だ存在する
発展途上国となると、この「親の七光り」が絶大な力を発揮する
力と言うより、権力にも相当する
貧富の格差は生まれた時点で既に決まり、格差はますます広がっていく

我々も海外プロジェクトを成功に導くための一つの手段として
偉大な権力を持つ親の子息を押し付けられたとは言え
積極的に雇用したことも否めない

ところでこの「親の七光り」
正確には「親の光は七光り」と言うのだけれど
この七光りの七の語源は何でしょうか?
七の数字
「七転び八起き」「春の七草」「七夕」「七味唐辛子」「七福神」
など、物の数の多さの表現に用いたり
縁起のいい数字でもあります

この辺から
縁起と威光の多さを七の数字に表した?
のでは、と思うのですが・・・

どなたか、ご存知ではないでしょうか?


スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tygok.blog106.fc2.com/tb.php/220-f9885c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。