雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラミド・コーヒー
雑学・・・話のネタ

222話・・・世界一美味しいコーヒー

かって、インドネシアで世界一美味しいコーヒーだから?
と言われて「コピ・ルアク」と呼ばれているコーヒーをご馳走になった
特別な製造方法?で作られると聞いたが
言葉の不備もあり何となく聞き流していたが・・・

フィリピンで、この話を友人にしたところ
世界一は、フィリピン産の
「アラミド・コーヒー」
だとクレームがついた

話半分がジョークで、そのまた半分は、「作り話・・・嘘」
と言う噂の誉れ高い友人のことで、にわかに信じがたいが・・・


resize0241.jpg
           (CM用写真より転載)


要約するとこうだ
コーヒー農園に「ジャコー・ネコ」が餌として熟したコーヒーの実を食べに出没する
「ジャコー・ネコ」は、嗅覚を生かしてよく熟し美味しい実だけを選ぶ
果肉は消化され、消化されなかった種子(コーヒー豆)は腸内で適度に発酵しそのまま、糞と共に排泄される、この発酵が良い香りを生み出すとか
香りと言われても、糞と一緒なんでネー・・・なんとも!
農民はその糞を探し出し、中からコーヒー豆を取り出し、洗い、乾燥させ、焙煎する

インドネシア産との大きな違いは(ここからが作り話しぽいが・・・)
フィリピンのコーヒー農園は常に数種のコーヒーの木を植えてある
したがって、その数種の実を食べるジャコーネコは、腸内で、必然的に数種が混ざりブレンドされる
だから、一層美味しいのだそうだ

この「アラミドコーヒー」
世界一高価なコーヒーでもある
100g、1万円位だろうか
嗜好品は個人差が大きいので何とも言えないが
製造方法には目をつぶり、貴重で高価なコーヒーだと念じて頂いたせいか
確かに美味しかった・・・です
日本では日航が扱っています
手に入りますから、どうぞ、お試しあれ・・・


スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tygok.blog106.fc2.com/tb.php/222-8abaff44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。