雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生から英語教育?(パート2)
雑学・・・話のネタ

283話・・・小学生から英語教育?(パート2)

いつも懇意にして頂いている“アシュリー”さんから
貴重なコメントを頂きました
そこで1昨日の続き・・・

我々団塊の世代が海外に大挙進出しはじめた70年代中期
海外に飛び立った日本人に対する各国の評価は!
「勤勉」「実直」「礼儀正しい」「約束・時間の厳守」等々
称賛のあらしだった
これが、海外における日本人のトレードマークでしたし、今も変わりがありません

その反面
「いつもニヤニヤしているだけで何を考えているのか分らない」
と言った、批判もありました
この状況の裏には
「言葉が上手く話せない為、による、意思疎通の欠如」
を隠す行動でもあった様に思います私にも経験があります
とりあえず微笑んでおけばいいか、って・・・

しかし
「勤勉」「実直」「礼儀正しい」「約束・時間の厳守」等は
やれと言って、すぐ出来るものではありません
これは、他国と比較してみればよく分かることでしょう
これらが、自然に出来、身についていた大きな要因は日本の伝統を守り
学校や家庭での教育や躾があったからこそです

外国語を普通に話す
これは、環境次第で誰でも出来ます
難しい事でも何でもありません

しかし、相手に対し
「笑わせる、怒らせる、皮肉る」ことが出来るようなネイティブな話が出来、読解力が増してくると
その人自身の人間性がもろに出てきます
好かれることも、嫌われることも、一瞬で決まってしまいます

人間性の形成には幼少の頃に基盤が作られます
その大事な時期に、またひとつ外国語課程を取り込むことは
子供たちにとって、大きな負担にはなりやしないか(あらたな落ちこぼれ)と危惧するのです
好奇心、興味を持てなければ、子供たちは、いとも簡単にそっぽを向いてしまうからです

私は英語の教室に通ったことは、一度もありません
「いい仕事をしたい」
「友達を作ろう」
「この国をもっと知りたい」
「日本を正しく、詳しく伝えたい」
私の先生は現場の環境でした

本格的な英語教育が始まったら
生半可な気持ちの指導者では務まりませんから・・・

も過大な期待をしてはいけないと思います
うちの子は外国語を通じ、海外の事に興味を持つようなりました
両親や周囲の方はこんな軽く、優しい気持ちで子供たちと接してくださいね

スポンサーサイト

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tygok.blog106.fc2.com/tb.php/233-90114266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。