雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダルビシュ選手
雑学・・・話のネタ

309話・・・ダルビシュ選手

北京オリンピックも後半に入りました
オリンピック憲章の中に
“オリンピックでは種目ごとに、個人あるいは団体での選手間競争であり
国家間の競争ではない・・・“
との、憲章項目が有るけれど、現実は違う
国家間競争そのものだ
だからこそ
国旗が重くて、押しつぶされてしまう選手を今まで沢山見てきた

「日の丸は僕の中では絵でしかない、何とも思わない」
「金メダルが欲しいと言う思いもない、自分のできることをするだけです、笑って終わりたい
そうなれば家族も、ファンも、日本の皆さんにも喜んでもらえますから」

これはダルビッシュ投手の言葉

右翼バリバリだった若いころだったら、こんな言葉を聞いたとん、飛びかかっていっただろう
「思いあがるなって」

私はスポーツ選手ではないが
21年間の海外生活の中で
その大部分は自分の背中に、大きくて、重い、日本を背負って頑張っていたように思う
その為だったろうか、気負い過ぎて、大小さまざまなミスを犯した
気負いが取れたのは最後の5,6年間だっただろうか
楽しみながら仕事が出来るようになった
周囲もよく見えたし、順調に仕事が回り、何もかも上手くいった

しかし、常に、心のよりどころとしたのは、日本国民としての誇りだった
外地のどこであっても日本人であることに気概を持ち
日本の技術力を売り込みながら、自らの能力を鼓舞した

ダルビッシュ投手の言いたいことが、分からないでもないが・・・
「君が代」は国歌で
「日の丸」は国旗だ

日本国の代表である以上
これらを背負って競い合わなければならないのが代表の宿命だ

何を言っても構わないが、
競り勝って、はじめて
主張した言葉に重みが生じ、多くの人々から賛同を得られるのだ

なんだかんだと、世間にたてつく若者も、体を揺すり
ちぎれんばかりに日の丸を振り、声をからし
勝者と共に涙しているではないか・・・

「お国の為に」そして「自分の為に」
全力を尽くしました
何とも、素晴らしい言葉じゃないですか・・・

スポンサーサイト

テーマ:北京オリンピック - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tygok.blog106.fc2.com/tb.php/270-7c47263e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。