雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯台もと暗し
雑学・・・「諺」 ことわざ

3話・・・「灯台もと暗し」

意味・・・“自分自身の事とか、目先や

身近な事には気づかない事が多い”


若い人の中には、犬吠崎やら観音崎など、岬の灯台を思い浮かぶようだ
遠くを照らすのが目的、灯台の下は暗くて当たり前じゃん・・・とかァー 
灯台の近くに住む人・・・多分「灯台元暮らし」をイメージしたのか・・・って真顔で答えが返ってくる

語源の「灯台」正しくは「燈台」と書く。

昔の室内照明具(時代劇に出てくる棒状の上に受け皿があり、ろうそくが点って明かりが揺らいでる光景を思い出してくださいネ・・・あれが燈台)の事で、油やろうそくが光源、油入れや、ろうそくの受け皿などで光が遮断されて真下には光が届かず暗くて見えにくい。

常に周囲にありながら、気づかなかった事、相手に指摘を受けたり、自ら気づいたりなどなど・・・
この言葉よく使われますよネ
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tygok.blog106.fc2.com/tb.php/3-c2acb026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。