雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚インフルエンザの恐怖
雑学・・・話のネタ

371話・・・豚インフルエンザの恐怖

何故?関西ばかりか?
と思っていたら
関東にもやってきた

感染した女子高校が勤務先に近いとか
この女子生徒が帰国日に帰宅したルートが私と同じとかで
突然身近に感じてしまって、他人事では済まされなくなってきた

不思議な事に今回は若い人が主に感染してる
若いだけに免疫力が弱いのだろう
私など、20数年に渡ってアフリカや東南アジアで仕事をしてきた者にとっては
常人の数倍の種類や免疫抗体が体中に居座っているようで
全く病気にならないし病気になった事もない
病院と言えば、小学校の時に虫垂炎でお世話になっただけ
病院とは、誰それのお見舞い時に訪ねるぐらいだ

当初、感染ルートとして上げられた、スポーツの交流試合
このことで思い出したのが
アメリカのバスケットプレイヤー、スーパースターだった
「マジック・ジョンソン」
HIVと診断されてからは、相手から敬遠され試合に出られない事があった
相対するスポーツは多くの観衆、直接肌と触れ合い
飛び散る汗、唾液、感染ルートとしては誠にダイレクトだ

ところで、先の女子高校に通う生徒さんが
我が社の社員と同じマンションに済み
エレベーターも一緒
同じマンションに住む住民達もかなり、神経質のようだ
この辺は日本人の悪いところで
対岸の火事は無関心なのに身近となると大騒ぎ
知らぬ間に感染させられた人にとっては、迷惑な話
そっと、見守る寛容さが大事だ

日本人感染者数はかなり正確だと思う
医療機関や検査システムの違い
貧困のため
或いは重度にならなければ医者に行かない、行けない
国々の人達を考えると
表向きに発表されている感染者数はあてにならない


スポンサーサイト

テーマ:豚インフルエンザ - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tygok.blog106.fc2.com/tb.php/343-3d93fed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。