雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険がいっぱい
雑学・・・話のネタ

374話・・・危険がいっぱい

主要道路から脇道まで、調査のために車を走らせること
一日約150Km前後・・・
調査対象物にを見つけては、調査の為に止まり、降り、また乗りこむこと40回前後・・・
これ、結構疲れますから

早く目的地に行き、次に向かう
進捗を上げる為に、はやる気持ちを
一気に苛立ちと怒りに変えてしまうのが、自転車乗りと歩行者

とにかく、「我がもの」の自転車の走り方には大いに疑問があるぞ・・・
車は絶対避けてくれるものと思っているのか

携帯しながら、見ながら、メールしながら、のろのろ蛇行運転
前後にお子さんを乗せている事すら忘れて暴走する、奥様方
路地からは、停止もせずに飛び出してくる
親と子供が横一列で走ってる
何度も、幾度もヒヤリとさせられる

歩行者への安全確保が徹底させられてきた結果なのか?
悠然とのんびり歩道を渡る歩行者には時に怒りさえおぼえる
手前からの斜め横断にも困ったもんだ
渡り切るまで、車はストップ、渋滞の大きな原因の一つだ
自転車にしろ、歩行者にしろ
こんな状態がまかり通るのは日本だけですから・・・

お車さまがお通りだ、そこのけそこのけ・・・
車優先時代を知る者にとっては
この状態がどうしても理解できない
危険予知の認識まるでなし・・・

危険な場所は自転車から降りて押す
横断するときは早足で
止まってくれたくれた車には軽く会釈を・・・


こういったマナーには、まずお目にかかれない昨今でありますが
皆さん如何でしょうか?


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:その他

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tygok.blog106.fc2.com/tb.php/346-b1b91ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。