雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

したたかな中国
雑学・・・話のネタ

416話・・・ したたかな中国

80年代後半
アフリカ担当だった私は
ウガンダ、ケニヤ、タンザニア、ガーナ、ナイジェリアを訪れていた
そのひとつ、ウガンダでのこと

政府機関の施設はことごとく中国の援助により建設されていた
国際会議場内の照明、各席の備え付きマイク、通信機器などなど
その施設の全てに
「中国による支援である」
ことを示すプレートを見る度に
これっておかしいぞとの思いが募っていた

何故って?
日本は当時発展途上で経済が困窮していた中国に対し
毎年高額な資金援助をしていたからである
(このことを知らない日本人が沢山いるのに脅かされる)
金が無いからと、日本に援助を求めていながら
裏ではこの様な施策をとっていた

日本も、ウガンダに対して中国の数倍の資金援助、技術援助をしながら
何の宣伝もしていない
歯がゆいばかりを現地感じていた
援助は目立たないようするものとか・・・
なんともはや、日本って国は
お人好しなんだろう


今考えると、ウガンダだけでなく他のアフリカ諸国に対して
将来への布石を着々と推し進めていた中国のしたたかさを
今回の騒動を通じて
改めて実感するのであります

下のプレートは
タイ国初の地下鉄を日本の資金援助で完成した事を
知らせるプレート
最近ようやく、人目に触れるような所に設置されるようになったけど
まだまだ、控え目だ

resize0311_20100927223119.jpg




スポンサーサイト

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
神風
大東亜戦争終結後65年間、某国の無理難題ににも紳士的対応??を執り、じっと我慢の子である本邦にも、いつかきっと、絶対に、多分??、神風が吹いてくれると信じたい昨今であります。
きっと「文永の役、弘安の役」の時のように!。
【2010/09/28 07:03】 URL | MK #c5NzTaeA [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/10/25 16:42】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tygok.blog106.fc2.com/tb.php/397-5c889e8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/10/27 14:56】

プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。