雑学読本(話のネタ)
あんな事こんな事、諺を中心に海外ネタも含めて何でもござれれ団塊の元企業戦士がランダムに綴る話のネタ本です。 さて、これを読んで「目からうろこが落ちる」でしょうか。
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日本は安全度は世界一
雑学・・・話のネタ
447話・・・ 日本の安全度は世界一

s-IMG_2018060816250238c.jpg
電話局が完成(交換機等が置かれた、機械棟と、呼ばれています・・・タイ国)

s-IMG_0001_20180608162503f92.jpg
電話局の地下ケーブル室(ここから加入者にケーブルが出て行きます、日本の資材を使用
  全く日本と一緒です・・・タイ国)

s-IMG_0002_20180608162505911.jpg
ナイル川の源流と書かれた碑の前で、ウガンダの研修生と私
(厳密にはナイル川の最源流はウガンダの隣国ブルンジとルワンダになります)。

研修生の意見やレポートを見聞きすると
良いことだらけの日本ですが・・・

アフリカと、アジアの研修生に、多少の違いはあったけどこんな、事柄がありました

行動の堅苦しさを感じる、気をつけないと暗黙のルールに違反してしまう
 (自由、奔放に生きている彼らにとっては・・・かもしれないが、時間を守れないのには、日本でも同じだった)

日本社会には至るところにルールや規則があり、明確に禁止する警告も多い
 (私自身も感じる、時として呆れることも)

研修生達の意見を纏めると
「日本は、禁止社会と言える、それらを守る国民性によって世界で最も安全な都市となった」
 (外国人から見ると、そうなんだ」

私からの意見として
「日本に来たからには、何かを学び取り、考えるきっかけを得る機会であってほしい」







ビザの申請方法
雑学・・・話のネタ
446話・・・ ビザの申請方法

もしかすると、読者の方の中には、同じ経験をした方
或いは、これから、される方もあるかも知れませんので、念の為・・・

研修生のビザ申請にはどんな書類を要求され、用意したかと 言うと

旅券 (残存有効期限6か月以上、査証欄余白が2頁以上)
ビザ申請書 (現地日本の会社が用意)
写真 1枚
IDカード の原本
住居登録 の原本全頁
銀行通帳 (本人名義の原本全頁、不足相当分は会社で貸出入金)
婚姻証明書 (既婚者)
招聘理由書  (会社が用意)
所属会社が作成した在職証明書 (役職名、採用年月日、給与、休暇期間を記載、会社が用意)
就業証明書 (会社が用意))
卒業証明書 (入社時の物を、コピーで可)
日本での滞在ホテルの予約状況 等の一覧 (日本の本社が用意
往復航空券 (会社が用意)

付添、身元引受人の私には
在職証明書、卒業証明書、戸籍謄本、納税証明書 (一時帰国の際に用意)
引率責任を明確にするための誓約書

如何ですか?
研修生を日本に送込むだけで、これだけ大変な思いをするんです
 外国人と結婚、そして、日本での生活ともなると
 どれだけの、書類が必要なのか想像すら私にはできません
 経験者の方は、よくご存知かと思います、ご苦労様です

まあ、とにかくこれで
「あこがれの日本に行くことが出来る」わけです
めでたし、めでたし

現地人が日本へ旅行となると・・・上記の事、全部揃えなければならない
でも、心配いりませんよ!!!
日本大使館の近辺には、ブローカーがゴロゴロしてますから

書類の不備がない事が認められると、パスポーのト預り証を受け取る
 その際に「後日、こちらから電話連絡します」言われるが・・・
 いつごろ電話連絡がありますか?と聞いても、しらんぷりされるだけ!
早くて、1週間、遅くとも、10日目に位には連絡が来る
 所定の時間に現金持参(発給諸費用)で出向き
 軽い、面接を受けて、ビザを受け取る

最後に
各国の日本国大使館領事部は 日本国の、でかくて、重い看板をしょってます
英語はもちろんのこと、現地語も現地人が驚くほど堪能です
それだけに、職員のプライドは、果てしなく高い
(もし、私が駄目ですと言ったら、日本に行けませんよ・・・みたいな)

身なりや言葉使いには気をつけて、印象を良くすることです

6月4日は虫の日
雑学・・・話のネタ
445・・・ 6月4日は虫の日

以前、4月20日は「女子大の日」ですと、当ブログで取り上げましたが
「6(む)4(し)」の語呂合わせから、本日、6月4日は「虫の日」だそうです

漫画の神様、故・手塚治虫氏らによって設立された「日本昆虫クラブ」が
「虫の住める街づくり」を目指して提唱し、制定された記念日です
と、書かれていたある記事を、目にしました

ここでいう「虫」とは「昆虫」のこと
子供の頃、昆虫と蜘蛛とは別だとか
蜘蛛やムカデは昆虫じゃないんだよ
と言われていたような・・・

虫嫌いの人は、虫は虫でしょ、脚が何本とか体の構造とか区別自体意味がないじゃん
どーでもいい、虫は、大嫌い・・・

さて、その昆虫類を貴重なタンパク源として食してる東南アジアの国々があるんです
s-IMG_2018060413520734c.jpg
タイ・バンコックの屋台、タンパク源というより、何でも手に入るご時世
最近では
嗜好品の感が強いかも・・・

s-IMG_0001_20180604135208117.jpg
芋虫・・・日本通の間では、形が似てるので、通称新幹線と呼んでいる

s-IMG_0002_20180604135210d88.jpg
タガメ・・・羽と頭をちぎり、お腹の中を絞り出す、苦いと思うでしょ?
以外とフルーティーなんです!!!

すすめられて、口元に持って行こうとすると、現地の人達、息を止めてじっと私を見つめてる
食べ終わって、アローイ(美味しい)と言うと
現地の人々がホッとした、笑顔を浮かべてくれた

現地の人達と仲間入りが出来た一瞬です


ビザなし渡航
雑学・・・話のネタ
444話 ・・・ ビザなし渡航

近年、ビザなしで日本に滞在できる国(約60ケ国)が、増えて来た、と前回書きましたが
 ビザが免除されるかどうかは、経済力に比例しているのだ ・・・と思いませんか?
 実はそうとも言えないのです

国同士の関係、国際社会での立場、また国内情勢が大きく影響してる
 たとえば、中国、世界二位の経済力を持ちながらも
 パスポートランキングでは下位ランク、下から数えた方が、早いくらいなのだ
「喝」 中国
 なぜ?下位ランク?・・・となんとなく分かるような気がしませんか?

日本人がノービザで入国出来る国は、180ケ国を超えてるんです
 凄いぞ日本のパスポート!!!
「あっぱれ」 日本

もし、ある日、突然、どこどこの国に旅行でも行こうかなと思い立ったとします
 パスポートは持っていれば
 旅行代理店に飛び込んで
 航空券を購入して、行きたい国にすぐにでも旅行が出来るんです

某アジアの女性研修生、鎌倉を見学、散策中
s-10061451425_s[1]
服装地味で一般人と変わりません・・・これでいいんです
右側、はとバスのガイドさんお世話になっております

研修生の旅行には殆ど、はとバスを利用、外人専門のガイドさんから、イヤホーンから英語での案内
 もあり、非常に便利
 新幹線、電車も兼ねたツアーもあり、日光、箱根、鎌倉、富士山、浅草、新宿、東京タワー、江の島等々
 夜専門のツアーまで、 女性用、男性用もあり、多種多彩で楽しい

外国の知人、友人、お客様が、日本にお見えになった時、利用されてみるのも、一考かと思います







研修生成田に到着
雑学・・・話のネタ
443話・・・研修生成田に到着

研修生が日本にやって来た

入国審査で、研修生が男性の場合、問題は少ないが
 アジアからやって来た女性の場合は注意が必要だ
ある特殊な職業に就くと勘違いされたら・・・アジアの女性、とにかく可愛いですから

 
日本の空港(成田)の入国審査窓口前に行くまでの間
 入国警備官
 それとなく不良入国者か?どうかパトロールで眼を光らせている
 プロの目はごまかせないそうだ

 怪しく思われ、別室に連れて行かれては付添人の意味がない
日本に向かう前、次の事について徹底した
 若い女性の研修者には、髪形、化粧、服装、
 手荷物等、目立たない、地味であること

入国審査の際、言葉に詰まった研修生に手助けをしようと
 私が、口を挟むと
 入国審査官、鬼の形相で
 この方(研修生)に尋ねてます
 あなた(付添の私)は関係ありません、シッシーてな具合でして

研修とは言っても、実は、ご褒美の日本旅行
 とにかく無事、憧れの日本到着しました
 リムジンバスでホテルに向かいます

ホッとした、と同時に明日から事が頭の中をよぎります





プロフィール

ソムチャイ

Author:ソムチャイ
先人達によって作られ、語り継がれた言葉の数々、一言の持つ、重み、軽さ、楽しさ、美しさ、そして奥深さ、今、日本語が面白い、あんな事、こんな言葉、・・・少しずつでも伝えたい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!